UEFAチャンピオンズリーグ

UEFAチャンピオンズリーグ

欧州最強のクラブチームを決める選手権大会。 1955年創設

出場権はヨーロッパ各国リーグの優勝チームと、それに次ぐ成績を収めたチームに与えられ、総当たり方式のグループリーグとノックアウト方式の決勝トーナメントによって行われ、決勝戦のみ特定の会場による一発勝負で優勝クラブを決める。

優勝トロフィーはその形からビッグイヤー。


発端

1954年12月13日、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズがホームスタジアムのモリニュー・グラウンドでハンガリーのホンベドを破ると、イングランドの新聞各紙が「イングランドこそ最強」とかき立てたことに対し、12月16日、フランスのレキップ編集者、ガブリエル・アノーが「世界最強とまではいかないまでも欧州最強のクラブを決める大会を作ろう大会を作ろう」と提案。具体的中身として

  1. 参加チームは14ないし16チームで、リーグ形式で優勝を決める
  2. 試合は水曜日の夜間に行う
  3. 大会は参加各国のテレビ局および新聞社の協賛を得る

ちなみにレキップが招待したクラブは以下の18チーム。

SC Rot-Weiß Essen(Allemagne)、Chelsea FC(Angleterre)、SK Rapid Wien(Autriche)、RSC Anderlechtois(Belgique)、KB København(Danemark)、Hibernian FC(Écosse)、Real Madrid CF(Espagne)、Stade de Reims(France)、Flamengo Holland Sport (Hollande)、Budapesti Honvéd(Hongrie)、AC Milan(Italie)、Sporting CP(Portugal)、1. FC Saarbrücken (Sarreland)、Malmö FF(Suède)、Servette FC(Suisse)、TJ Spartak Sokolovo Praha(Tchécoslovaquie)、FK Dynamo Moscou(URSS)、FK Partizan Belgrade(Yougoslavie)

創設

1954年に創設されたUEFAはこの大会に当初、消極的だった。1955年3月2日、ウィーンで開かれた総会でもレキップが代表を送り提案をしたが積極的な反応を示さなかった。(uefaは当初、代表同士の大会を計画。それが1960年から開催されたEUROである)

また並行してオーストリア、チェコスロバキア、ハンガリー、ユーゴスラヴィア各国協会の代表が集まりミトロパ・カップの復活が討議をされていた。

その為レキップは同年4月2日にパリにて主要クラブの会長を集め話し合いを持った。この中で大会はホームアンドアウェーのノックアウト式によるトーナメント大会で行うこととなり、財政面に関してはレキップは

各試合の入場料収入から税金、スタジアム使用量、運営費を差し引き、アウェーチームに1000ドルを支払、残った収入のうち5%は主催国側協会の収入となり、60%はホームチームの収入とする。そして30%をプールして、参加チームに試合数に応じて分配する

と提案した中で、大会に積極的意欲を示したレアル・マドリード会長、サンチャゴ・ベルナベウはホームチームとアウェーチームの取り分を半分とする提案をし、多くの賛同を得る。加えて組織委員会の副委員長となって創設に尽力した(彼が後にLégion d'honneurを受けることになったのはこのためである)。

組織委員は以下の通りである。委員長はフランス・フットボール協会のエルネスト・ペドリニャン

President: Ernest Bedrignans (France).

First Vice-President: Santiago Bernabéu (Spain).

Second Vice-President: Gusztav Sebes (Hungary).

Representatives: Buttersby (England), Keller (Saar), Jansen (FRG), Piazzalunga (Switzerland)

ところが、未だUEFAは大会に消極的で代表チームによる大会を始めようとしていた。加えてクラブ間の大会として「Inter-Cities Fairs Cup=Messestädte Cup」を計画。文字通り、見本市を開催している各都市のチームによる大会である。この大会には各市政府が協賛し、運営費を拠出することになっていた。

参加することになっていた都市は以下の通り

Barcelona, Basel, Birmingham, Brussels, Budapest, Stockholm, Frankfurt, Lausanne, Leipzig, London, Milano, Moscow, Paris, Vienna, Zagreb


このように3つの新しい大会が計画が同時に進み、3つの大会が競合して共倒れとなる危険を感じ、FIFAが介入をした。1955年5月7日、FIFA緊急理事会がロンドンで開かれ

  1. 参加クラブは各国協会の承認を得ること
  2. 大会はUEFA主催とすること
  3. 「European Cup」の名称は将来行われるであろう代表チームによる戦いの名称とし、それ故にレキップ提案の戦いは「European Champion Clubs' Cup」と呼ぶこと

を条件に大会を承認した。

5月17日、マドリードにて新大会の理事会が開かれ、FIFAの条件を受諾することと日程が決まった。この中にUEFA会長、エッベ・シュワルツが招待され、4日後にUEFAの代表との会合がパリで開かれUEFA主催の形で大会が開催されることが正式に決定される。

大会組織委員会は以下のように改組された

Mr. Schwartz as President

Mr. Sebes as Vice-President

Mr. Delauny as Secretary

Mr. Graham and Mr. Bauwens as Representatives.

かくして、ヨーロッパ・チャンピオンズ・カップはポルトガルのナショナルスタジアムにおいて、スポルティング対パルチザンの試合から開幕した。

歴史

UEFAチャンピオンズリーグの歴史」に頁を譲る。

歴代優勝クラブ

レアル・マドリード 8回 1956 1957 1958 1959 1960 1966 1998 2000 2002

ACミラン 7回 1963 1969 1989 1990 1994 2003 2007

リヴァプール 5回 1977 1978 1981 1984 2005

アヤックス 4回 1971 1972 1973 1995

バイエルン・ミュンヘン 4回 1974 1975 1976 2001

ベンフィカ 2回 1961 1962

インテル・ミラノ 2回 1964 1965

マンチェスター・ユナイテッド 2回 1968 1999

ノッティンガム・フォレスト 2回 1979 1980

ユヴェントス 2回 1985 1996

FCポルト 2回 1987 2004

FCバルセロナ 2回 1992 2006

セルティック 1回 1967

フェイエノールト 1回 1970

アストン・ヴィラ 1回 1982

ハンブルガーSV 1回 1983

ステアウア・ブカレスト 1回 1986

PSVアイントホーフェン 1回 1988

レッドスター・ベオグラード 1回 1991

オランピック・マルセイユ 1回(但し、八百長事件発覚のため剥奪) 1993

ボルシア・ドルトムント 1回 1997

* はてなダイアリーキーワード:UEFAチャンピオンズリーグ