ラツィオ

ラツィオ

Società Sportiva Lazio s.p.a

イタリア、セリエAに所属するサッカークラブチーム。本拠地はローマ。

1900年創設 前身はイタリア人将校ルイジ・ビビアレッリが創立した「ソシエタ・ポデスティカ・ラツィオラツィオ競歩協会)


チームカラー:白と空色

ホームスタジアム:スタディオ・オリンピコ Stadio Olimpico 収容人数82,922人

ASローマと共用。

愛称はユニフォームの色からBianco Celeste(複数形はBianco Celesti)、またはAquilotti

ライバルは同じローマを本拠地とするASローマ。ローマダービーは警察沙汰を起こすくらいに盛り上がる。


会長:クラウディオ・ロティート Claudio Lotito

テクニカルスポンサー: Puma

ユニフォームサプライヤー: Puma

監督:デリオ・ロッシ Delio Rossi


タイトル

リーグ優勝:2回(1974,2000)

コッパ・イタリア優勝:4回(1958,1998,2000,2004)

カップウィナーズカップ:1回(1999)


概略

1992年にチリオ・グループなどを所有するセルジョ・クラニョッティ会長が就任。いきなり1992-1993シーズンに2位になって以降も上位に定着するクラブとなる。大きな転機となったのは1998年5月6日ミラノ証券取引所への上場。マルセロ・サラス、クリスティアン・ヴィエリ、セルジオ・コンセイソン、デヤン・スタンコビッチ、フェルナンド・コウト、シニシャ・ミハイロビッチといった大物を獲得。スクデットこそ取り逃したものの、カップウィナーズカップを制覇。翌シーズン、900億リラでヴィエリを売却し、ディエゴ・シメオネ、ファン・セバスチャン・ベロンを獲得してスヴェン・ゴラン・エリクソン監督悲願のスクデットを獲得。

その後は財政難に陥り、ベロン、アレッサンドロ・ネスタ、エルナン・クレスポ、パヴェル・ネドヴェドなど放出。クラニョッティも辞任する迷走が始まる。選手への給料も払われない状況も続き、ユースの選手15人をローマに強奪されるという命運にも合う。

そんな、2004年夏、チームを愛するが故に、救世主となるべく帰ってきた男がいる。パオロ・ディ・カーニオ。年俸わずか25万ユーロという条件を受け入れ、彼が15年ぶりラツィオに復帰、今後は体にあった経営と成績が望まれる。


個人評

続きを読む

* はてなダイアリーキーワード:ラツィオ