ユーロ・クラシコ

ユーロ・クラシコ

Euro Clásico

2001-2002シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝において、FCバルセロナレアル・マドリードという同国対決のカードが決まったときに、uefaが興行的に付けた試合の名称。通例、エル・クラシコは1年に2回しかない上に、チャンピオンズリーグの日程からたった1週間で2試合もやるという特別な存在だったために、中々良い発想である。