ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムント

Ballsportverein 09 Borussia Dortmund

ドイツ、ブンデスリーガ所属のサッカークラブチーム。本拠地はノルトライン・ヴェストファーレン州ドルトムント。

1909年12月19日創設。 


チームカラー:黒と黄。

ホームスタジアム:ヴェストファーレン・シュタディオン(Westfalenstadion) 収容人数8万30000人

 コーレンポットのクラブらしい、重低音の音の響き、圧倒される人員数による応援が素晴らしい。

2005年12月にドイツの生命保険会社ズィグナル・イドゥナとのネーミングライツ契約に合意。(推定2000万ユーロ)、2010-2011シーズン終了までお名前はSignal Iduna Parkである。

愛称:そのままSchwarzgelben


会長(Präsident):ラインハルト・ラウバル Reinhard Rauball

会計主任(Schatzmeister):ハンス・ヨアヒム・ヴェツケ Hans-Joachim Watzke

営業責任者(Sport-/Team-Management): ミヒャエル・ツォルク Michael Zorc

管理組織部門(Verwaltung und Organisation): クリスティアン・ホッケンヨス Christian Hockenjos

メインスポンサー:イーオン E-on

ユニフォームサプライヤー: ナイキ Nike

監督: ベルト・ファン・マルヴァイク Bert van Marwijk


タイトル

マイスター・シャーレ:6回(1956,1957,1963,1995,1996,2002)

DFBカップ優勝:2回(1965,1989)

チャンピオンズリーグ優勝 :1回(1997)

カップ・ウィナーズ・カップ優勝:1回(1966)

ライバル

同じルール地方のシャルケ04。レヴィア・ダービーとよばれる試合では独特の応援合戦が繰り広げられ試合中の応援は白熱した戦いとなる。また南ドイツのバイエルン・ミュンヘンに対抗する西ドイツの雄としてドイツダービーを繰り広げている。

概略

1991年に招聘したオトマール・ヒッツフェルト監督の下、彼の緻密な戦術分析と人心掌握の下、94-95シーズンGKシュテファン・クロス、守備はマティアス・ザマーを中に、マルティン・クレー、ジュリオ・セザールを添えた無骨な3バック。キャプテン、アンドレアス・メラーを筆頭にミヒャエル・ツォルク、シュテファン・ロイター、シュテファン・フロイント、ラルス・リッケンらを擁し、前線にステファーヌ・シャプイサ、カール・ハインツ・リードレを擁した3-5-2で優勝を果たした。

95-96シーズンは、ユルゲン・コーラー、パトリック・ベルガー、ルベン・ソサ、ハイコ・ヘルリッヒらを補強して、チーム全体に力を伸ばし2連覇を達成。

1996-97シーズン、リーグ3位に終わったものの、チャンピオンズリーグでは決勝に進み、メラー、コーラー、ロイター、このシーズンに加入したパウロ・ソウザが過去に在籍したユヴェントスを、リードレの2ゴール、ラルス・リッケンのファーストタッチによる素晴らしいミドルシュートの3得点で下し、優勝を果たし、2シーズン前のuefa杯の雪辱をした。

ところが、1997年にヒッツフェルトがフロントと対立して退団すると、チームはトヨタカップは制したがリーグ10位に終わる。続く、1998シーズンからミヒャエル・スキッベが就任。スキッベによって堅実なチームが作られたが攻撃に爆発材料が少なく4位におわり、翌シーズンの低迷によって2000年2月にスキッベは解任。

2000年10月に、ブンデスリーガチーム唯一のフランクフルト株式市場への上場を果たすと、2001年にヤン・コラー、トマシュ・ロシツキー、マルシオ・アモローゾの3人を5,000万ユーロで獲得。豪華な布陣でリーグに臨み3位の成績を得た。

01-02シーズンからマティアス・ザマーが監督就任。ヤン・コラー、マルシオ・アモローゾ、エヴェルトンの3トップにトマシュ・ロシツキーを擁した攻撃、4バックとシュテファン・ロイターを中に入れる3バックを併用した戦い方でマイスターシャーレに輝く。

02-03シーズン、リーグでも善戦していたが2月に優勝戦線から脱落すると3位に終わり、チャンピオンズリーグでは、2次リーグでACミランレアル・マドリードを相手に検討を続けるも、重要なホームでのレアル・マドリード戦を引き分けとして星を落とし、これが響いて2次リーグ敗退となった。

03-04シーズン、これまでリーグ優勝やチャンピオンズリーグでの好成績を見越した予算計上がなされて大幅な赤字を出していたことが発覚。1シーズンで3,000万ユーロという赤字。チームはロシツキーの負傷によって低迷。6位でシーズンを終え、ザマーはシーズン終了後解任された。

04-05シーズン、元フェイエノールト監督、ファン・マルヴァイクが就任したものの、インタートト杯でゲンクに破れ、リーグは7位で終了。uefa杯出場権をも逃す結果に終わった。このシーズン内の11月14日の株主総会で負債が1億2,000万ユーロ抱えた責任から会長に在任していたゲルト・ニーバウムが辞任し、ラウバルの会長就任が承認された。またシーズン終了後にゼネラルマネージャー、ミヒャエル・マイヤーも辞任。新たなスタートが期待される。

05-06シーズン、株主総会にて負債が2,000万ユーロほどまで圧縮したと発表。有望な若手選手の対等もあって期待されるが、今季のホームユニフォームはチームカラーを無視したユニフォームを採用してしまい、ファンからの大きなクレームで1シーズン限りになる。珍しいシーズンに好成績は残せるのだろうか?

個人評

続きを読む

* はてなダイアリーキーワード:ボルシア・ドルトムント