フランコ・バレージ

フランコ・バレージ

フランコ・バレージ。本名は Franceschino Baresi

1960/5/8 トラバリアート生まれ 

元サッカー選手、ポジションはディフェンダー(リベロ)。

概略

選手時代

14才でACミランに入団。(アタランタ、インテルのテストは背が低いことを理由に落ちている)

18才の時に、ニルス・リードホルム監督によってトップチームに引き上げられエラス・ヴェローナ戦でセリエAデビュー。ジャンニ・リベラの後を継ぎリベロの地位を獲得していくようになる。

1980年の不法賭博の八百長疑惑、1982年のチームの不調でセリエBの降格を経験するもミランに残った。

1987年にシルビオ・ベルルスコーニが会長に就任し、アリゴ・サッキが監督に就任ルート・フリット、マルコ・ファンバステンらが加入。サッキの実証するゾーンプレスを見事に体現。87-88シーズン、9シーズンぶりのスクデットを獲得。以後チャンピオンズカップ2連覇を含む3度のビッグイヤー、5度のスクデットを経験した。その中には22勝12分の無敗優勝や、得点36による優勝が含まれ、バレージ率いる堅い守備なしには語れない。

1997年に引退するまで、生涯ミラン一筋を貫いた功績を称えられ、背番号「6」は永久欠番とされた。

イタリア代表としては、1982年のW杯のメンバーにも名を連ねたが、活躍の場所は無かった(当時のポジションはガエタノ・シレア)

1986年、1990年、1994年と代表のキャプテンとして活躍。1994年アメリカ大会では膝を故障しながらも驚異的な回復で決勝戦のブラジル戦には復帰。ロマーリオ、ベベットの攻撃陣を無得点に抑えたものの、PK戦でPKを外してしまった。

代表通算では81試合1得点。31試合でキャプテンを務めた。

個人評

続きを読む

* はてなダイアリーキーワード:フランコ・バレージ