ハンブルガーSV

ハンブルガーSV

Hamburger Sport-Verein

ドイツ、ブンデスリーガ所属のサッカークラブチーム。本拠地は自由ハンザ都市ハンブルク Die Freie und Hansestadt Hamburg

(ドイツ語は語尾のgを[k]の発音するので都市名と一致しない。ハンブルグと書く人間は偽物だ。)

Sport-Vereinのお名前の通り、サッカー以外に Badminton, Baseball, Basketball, Bowling, Golf, Gymnastik, Handball, Volleyball, Eishockey, Karate, Herz-Reha-Gymnastik, Hockey, Kindersport, Leichtathletik, Rugby, Skaterhockey, Schwimmen, Tennis, Tischtennis Turniertanzの部門を併設する。

1887年09月29日創設。


チームカラー:青、白、黒

会員数:25.327

ホームスタジアム:AOLアレーナ AOL Arena (収容人数:55.800)

2001年にVolksparkstadionの命名権をアメリカの大手ブロバイダー企業であるAOLが300万マルクで買い取った。ネーミングライツの先駆けとなったスタジアムである。

取締役会長(Vorstandsvorsitzender und Geschäftsführer):ベルント・ホフマン Bernd Hoffmann

副会長(Stellvertretender Vorsitzender und Sportliche Leitung) :ディーター・バイエルスドルファー Dietmar Beiersdorfer

副会長代理 3. Vorstandsmitglied :クリスティアン・ライヒャルト Christian Reichert

副会長代理 4. Vorstandsmitglied :カテヤ・クラウス Katja Kraus

クラブマネジャー Club-Manager :ベルント・ヴェーマイヤー Bernd Wehmeyer

チームマネジャー Team-Manager :マリナス・ベスター Marinus Bester

チームマネジャー代理 stellv. Team-Manager :ユルゲン・アーラート Jürgen Ahlert

監督 Chef-Trainer :トーマス・ドル Thomas Doll

助監督 Co-Trainer :ラルフ・ザンディック Ralf Zumdick

GKコーチ Torwart-Trainer :ロニー・タウバー Ronny Teuber

メインスポンサー:ADIG Investment Fonds

ユニフォームサプライヤー:Puma(2005-2006シーズンから)

歴史

1887年、Sport-Club Germania von 1887が設立。1919年、Hamburg FC、FC Falke 1906が合併し、HSVが誕生する。

1963年、ブンデスリーガ創設から1部に所属している。ウーヴェ・ゼーラー初代得点王に輝いた。

70年代後半から80年代前半にかけて、Kuno Klötzerにより初の欧州タイトルを得、ケヴィン・キーガンが加入すると、Branko Zebec監督下、初のマイスターシャーレを獲得。翌シーズンのチャンピオンズカップでは準優勝。喫煙家Ernst Happelの下、初のチャンピオンズカップ制覇を成し遂げた。

ブンデスリーガでは未だに2部に降格した経験がないクラブチームである。

獲得タイトル

リーグ優勝:5回(1923,1928,1960,1979,1982,1983)

カップ優勝:3回(1963,1976,1987)

チャンピオンズカップ:1回(1983)

カップウィナーズカップ優勝:1回(1977)

概略

96-97シーズン、13位にまで落ちた。立て直すために新監督にFrank Pagelsdorfを擁立した。以降9位、7位、3位と順当に順位を伸ばした。

00-01シーズン、マイスターシャーレの期待もあったが、チャンピオンズリーグとの併用も堪えて、13位に転落。Pagelsdorfもシーズン途中に解任された。

チーム得点王にもなったことのあるGKハンス・ヨルク・ブットバイヤー・レヴァークーゼンへ、ロベルト・コバチはバイエルン・ミュンヘンに移籍。新しく監督に就任したKurt Jaraの下、セルゲイ・バルバレスは奮闘も、得点不足、守備の崩壊に無き、11位の順位に甘んじた。

02-03シーズン、ヤラ監督の堅実なチーム編成が実り、右にメフディ・マハダビキア、左にクリスティアン・ラーンを配置、ロメロ、バルバレスらの攻撃もしっかりと機能し、4位の好成績を得た。

03-04シーズン、uefa杯の兼用は巧くいかず、リーグも不調、開幕5試合で1勝もできずヤラは解任。新監督にはKlaus Toppmöllerを招聘したが、巧く回転することなく結局8位に終わった。

04-05シーズン、ダニエル・ファンブイテン、エミール・ムペンザ、ベンヤミン・ラウト、ハリド・ブラールズらを獲得。しかしインタートト杯に出場も準決勝であっさりと破れ、リーガでは8節までに6敗する始末でトップメラーは解任。後任には元HSVの選手でハンブルガー・アマチュアの監督であったトーマス・ドルが就任。冬にチーム不調の要因ともなったロメオはマジョルカへ逃げた。

05-06シーズン、日本ツアーを敢行、その後、アヤックスからラファエル・ファン・デル・ファールトを様々な批判の中、550万ユーロで獲得。どうなるやら。

個人評

続きを読む

* はてなダイアリーキーワード:ハンブルガーSV