チェルシーの歴史

チェルシーの歴史

1904年、陸上競技場だったスタンフォードブリッジアスレティッククラブのオーナーにH.A.メアーズが就任。フルハムに使用して貰おうと依頼するものの、フルハムが拒否しクレイブン・コテージに残留。その為1905年メアーズによって創立される。

南部リーグに所属する事を申し込むが、フルハムとトッテナムの反対にあい拒否される。しかしながらその後その当時のトップ選手の数名と契約をし、広く働きかけをしたことでリーグ参加に許可が下り、 2部リーグ参加を決める。2年後には1部リーグへの昇格を成し遂げるが数年間に渡り1部と2部の間の往来を繰り返す。

1955年テッド・クレイク指揮の下、国内リーグを制覇するが、翌年の第1回ヨーロッパチャンピオンズカップへの参加をイングランド協会が阻止してしまう。その為チェルシーのヨーロッパデビューは1958/60年のインターシティーズ・フェアーズカップ。

1980年代になると財政難に陥り出すが、ケン・ベイツ、マシュー・ハーディングの尽力により、クラブは困難に打ち勝ち、89年2部優勝をして昇格して以降常にトップリーグでプレイを維持している。

1993年に、グレン・ホドルを監督に迎え、ホドルによってFAカップ準優勝、カップ・ウィナーズカップベスト4と好成績を収める。ホドルがイングランド代表監督就任したため、ルート・フリットが監督に就任、ジャンルカ・ビアリ、ジャンフランコ・ゾラ、ロベルト・ディマッテオのイタリア代表トリオを含むトップレベルの選手などが、ハーディングの資金によって、ヨーロッパ中から集まる。プレミアリーグでは2位の位置を確保し、UEFAカップウィナーズカップでは準々決勝を通過し、チームとして今までになく安定を誇った期間に見えた1998年2月12日に監督がフリットからビアリがプレイングマネージャーとして監督に就任する。

2000年9月、ヴィアリが解任。監督にイタリア人クラウディオ・ラニエリ氏が就任したがチームは取り立てて改善されることはなく、アトレチコ・マドリードから加入したジミー・フロイド・ハッセルバインクが得点王となる活躍をしたものの、チームは6位に終わった。

01-02シーズン、チームはデニス・ワイズ、グスタボ・ポジェ、フランク・ルブフらベテラン勢が抜けた。逆にこのシーズンから加入したフランク・ランパードはスタメンに定着。他にもエマニュエル・プティやボウデヴィン・ゼンデンら新加入の選手が中盤で活躍するもチームの調子は上がらず6位に終わった。

02-03シーズン、開幕からゾラが好調。チームはラニエリの意識するコレクティブなカルチョスタイルのサッカーが定着。プレミアで最も美しいチームと呼ばれるシーズンとなった。チームは最終節、リヴァプールFCとの直接対決をマルセル・デサイー、イェスパー・グロンケアのゴールで勝利し4位の結果を得て、久々のチャンピオンズリーグ出場権を得た。