セリエA

セリエA

Serie A

イタリアのプロサッカーリーグであるレガ・カルチョのトップディヴィジョンの名称。

セリエA自体の創設は1929年。FIGCおよびレガ・カルチョ創設は1898年で、それまでは全国選手権と言われていた。


20のチームがそれぞれ2回、互いの本拠地で試合を行い(ホーム&アウェイ方式)順位を決定する。 シーズン終了後、下位3チームがセリエBに降格、セリエB上位2チームと3位から6位チームによるプレーオフを勝ち抜いた1チーム、計3チームと自動的に入れ替わる。

勝ち点:勝利=3、引分=1、敗戦=0

勝ち点が多い順に順位を決定。勝点が並んだ場合は同順位とし、優勝、降格、カップ戦の出場権などで必要が生じた場合はプレーオフを行い順位を決定する。

2002-2003シーズンまでは18チームよって行われ、下位4チームとセリエB上位4チームが自動的に入れ替えをされたが、2004-2005シーズンから20チームとするために、2003-2004シーズンはセリエBの上位5チームが昇格、セリエA15位対セリエBの勝者がセリエAという内容。


最多優勝はユヴェントスの28(セリエAのみで集計すると26)回。 (1905、1926、1931、1932、1933、1934、1935、1950、1952、1958、1960、1961、1967、1972、1973、1975、1977、1978、1981、1982、1984、1986、1995、1997、1998、2002、2003、2005)

リーグからはACミランが6度、ユヴェントスおよびインテル・ミラノが2度、チャンピオンズリーグ(旧チャンピオンズカップ)を制覇している。

80年代後半から欧州の大会で在籍クラブが常に上位に顔を出す状態で、欧州最高のリーグとして地位を保っていたが、1999年にUEFAランキング1位をスペインに明け渡すと、2003年にイングランドにも抜かれ、2005年uefaランキングは3位。


他国リーグとの違いは順位確定に於けるプレーオフの他に、優勝すると送られるものは小さな盾(スクデット)である。

また警告は最初の4枚で1試合、その後は3枚、2枚、1枚で出場停止になり、再び4枚に戻る(但し1試合で2枚の警告を受けても悪質でない場合は出場停止処分にならない場合もある)独特の累積警告の制度が存在する。

外国人規定に関しては2001年5月4日、突如EU外選手制限枠を撤廃。2002年にEU外国籍選手の獲得に関して、2002年7月18日以前に契約した選手には適用されず、2002年8月31日までに契約した選手には各クラブに1人のみ新規の獲得が認められる制度となっている。

* はてなダイアリーキーワード:セリエA