オランピック・リヨネー

オランピック・リヨネー

Olympique Lyonnais 正式名称 Olympique de Lyon et du Rhône

冠詞を着けるとL'Olympique Lyonnaisと発音が変わります。フランス語。

英語読みではオリンピック・リヨンとされ、日本のメディアの表記がこれが多いが、さすがにそうは読めん。

フランス、リーグアン所属のサッカークラブチーム。本拠地はリヨン(ローヌ=アルプ地域圏)

創設は1950年。前身のLyon Olympqueは1899年。

愛称は略称そのままOM。これまた冠詞をつけると発音が変わる。L'OM。


チームカラー:白と青と橙

ホームスタジアム:スタッド・ジェルラン Stade de Gerland 収容人数42,000

会長(Le Président):ジャン・ミシェル・オラス Jean-Michel Aulas(Cegid社 会長)

フランス語ではオーラと読むのだろうが、表記の殆どがオラスかオーラスだ。

スポーツコーディネイター(Coordinateur sportif):ギー・ジェネ Guy Genet

技術管理部門(Cadre Technique):レミ・ガルド Remi Garde

監督(Entraineur):ジェラール・ウリエ Gérard Houiller

アシスタントコーチ(Entraîneur-adjoint):ジョエル・バット Joël Bats

GKコーチ(Entraîneur des gardiens):パトリス・ベルグ Patrice Bergues

メインスポンサー:LG(但し、欧州戦の場合、ユニフォームのロゴはRenault Trucks)

ユニフォームサプライヤー:Umbro

獲得タイトル

リーグ優勝:4回(2002,2003,2004,2005)

フランスカップ(Coupe de France)優勝:3回(1964,1967,1973)

リーグカップ(Coupe de la Ligue)優勝:1回(2001)

ライバル

近隣に古豪ASサンテ・ティエンヌがありローヌ・ダービーを繰り広げる。しかしながら過去に4連覇を達成、リーグ10度優勝を誇るクラブと、4連覇を達成中のクラブとは大きな差がある。

概略

00-01シーズン、ジャック・サンティニが監督に就任。得意の4-4-2システムを採用し、ソニー・アンデルソン、スティーブ・マルレ、シドニー・ゴヴらの前線は爆発。前半戦12勝というハイペースで折り返したが後半に失速。2位と苦杯を飲む。

翌シーズンは、現有戦力にジュニーニョ・ペルナンブカーノ、ペギー・リュインドラ、エリック・キャリエールなどを獲得。最終節に勝ち点1差のRCランスとのジェルランにおける直接対決を3-1で制してリーグ初優勝を達成する。

ジャック・サンティニがフランス代表監督に就任のため勇退した02-03シーズン。新監督にポール・ル・グエンを招聘。アンデルソンがケガで欠場することあったなかで、ペギー・シュインドラが奮闘。カリエール、ドラソー、ゴヴらが後ろから仕掛ける戦術の中でジュニーニョが13得点を決め、ASモナコを交わして2連覇を達成した。

03-04シーズンにアンデルソンがビジャレアルに移籍した中で、ジョバネ・エウベルをバイエルン・ミュンヘンから獲得。その他、ギャンガンからフロラン・マルーダ、バスティアからマイケル・エッシェンなど効果的補強をし、毎節選手を入れ替え流動的に起用して相手を翻弄。リュインドラを中心としながらサイドからの攻撃、2列目からの飛び出しが素晴らしくリーグ3連覇を果たした。併行して戦ったチャンピオンズリーグではグループ本命と見られたバイエルン・ミュンヘン相手に第3節ジェルランではリュインドラのゴールで追いつき引き分けとした後の、第4節オリンピアシュタディオンでの試合ではジュニーニョの素晴らしいフリーキックとエウベルを復讐ゴールで勝利。最終節にセルティックを下してグループ1位で突破。決勝トーナメント1回戦でレアル・ソシエダを下したが、FCポルトの狡猾的なプレーの前に破れベスト8で散った。

04-05シーズン、エジミウソン、パトリック・ミュラーとセンターバックの主軸、攻撃の軸として活躍したリュインドラ、中盤のテクニシャンであるドラソーらが抜けてしまった中で、アーセナルからシルヴァン・ヴィルトールを獲得など小粒ながら揃った補強を敢行。チームはユース上がりのジェレミ・ベルトー、ブリアン・ベルグニュー、アテム・ベンアルファなど若手選手の台頭、エッシェン、マハマドゥ・ディアッラ、ジュニーニョの3人の中盤を中心とした流動的な攻撃的システムは円熟を迎え、前半戦を無敗で折り返す圧倒的な強さでオランピック・マルセイユ以来の4連覇を達成。チャンピオンズリーグでもマンチェスター・ユナイテッドを抑えてリーグ1位で突破。ヴェルダー・ブレーメンを2戦合計10-2の大差で下したが、準々決勝のPSVアイントホーフェン相手に、PK戦までもつれ込んだ中で惜しくも敗れ2年連続ベスト8で散った。

05-06シーズン、選手、ファン、会長の慰留虚しくチームを去ったル・グエンの後任として就任したのは元フランス代表監督、ジェラール・ウリエ。高さのあるセンターフォワードとしてノルウェー代表のヨン・カリューを補強。フランスリーグ初の5連覇に挑む。