Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2013-06-26-Wedプレイメーカー達に恵まれた 1/3 このエントリーを含むブックマーク

フットボールのフォーメーションは日々進化しているが

「創造性」はゲームの生命線であることは変わりない。

現在もピッチ上で見受けられる。


多くの葬儀がプレイメーカー達に向けてなされた。救世主的な10番二人のフォワードの背後に位置し奇跡を創造した選手だ。

事実、彼がフットボールの主たる創造主であったのは、ある時期にあったことにすぎない

インサイドフォワードが19世紀に、リベロが配列を超えたのは1970年代のこと。

これら10番への近時の喪中は終焉し目を乾かすでしょう、何故ならプレイメーカーはピッチ上で復活しかけているのです。


かつて言われたプレイメキングの役割が再分配されたのはミッドフィールドの持つ選手であり動かす選手から動かしがたい興隆からなされた。多くの10番はストライカーの背後のホールにとどまり「創造性」は脅威とはならない、それはチームのみならず大多数の広い共通認識です。


多くの4-2-3-1を支持するチームは二人のプレイメーカーを今や置く、一人のアタッキングミッドフィーッルダーと二人のホールディングミッドフィールダーのうちの一人はプレイメーカーである。成功したいくつかのチームは三人目のプレイメーカーがいると誇る。ピッチの深くから全てを見、パスを出すのである。四人目も出ている様な状況である、ゴールキーパーという思いもつかない場所からだが、今や遅しのことだ。

このことからプレイメキングの役割が共有されているのだ。


1) 伝統的10番

レアル・マドリードのメスト・エジルの中には、ほぼ典型的な10番が備わっている、イタリア人は彼の様なプレーヤーをトレクァルティスタ(ピッチを分けたときにスリークォーターラインでプレーする)とかレジスタ(監督)といった用語をユヴェントスのレジェンド、ミシェル・プラティニやロベルト・バッジョにあてた。


エジルの若い時代のコーチであるラルフ・マラウンは'古典的なストリートプレーヤー'だったと説明する。内気で小さいが信じられないほどの才能だった。「猿の檻」にかんしての話はたくさんある。荒くてフェンスに囲われた場所でプレーを覚えていったことは、汚いピッチで磨いていった南米の天才達によくあることである。彼のマドリーにおけるチームメート、シャビ・アロンソはエジルの言うマラドーナスタイルのロマンティックな伝統に頷いた。「これまで見たことのない選手だ」


UEFAチャンピオンズリーグにおいて、エジルはストライカーの背後でプレーする。ヒートマップは彼がポジショニングにおいてパッシングにおいて中央にいることをしめすだけでなく、そのスペースを見つけようとする為に彼がクリスティアーノ・ロナウド、アンデル・ディマリアとポジションを交換し両サイドからのボールを受け取るのだ。エジルは現代フットボールに最も密接な選手だ。古典的なトレクァルティスタであるけれども、マリオ・ゲッツェ(ボルジア・ドルトムント)、トニ・クロース(バイエルン・ミュンヘン)に似ている。


対戦相手はゴールへ押し込み、アグレッシブに守備する、例えばドルトムント、マドリー、バルセロナのようなことだ。エジル、ゲッツェ、クロースのような選手はそんなタイトなスペースを動き、かつてのプラティニよろしく自分の活躍する特別な居場所をもっていない、ミッドフィールドを長い距離を走るのだ。「創造性」はそれ故に深い位置からもたらされる。

2) 座乗するプレイメーカー

現在最も有名なディープライイングにてゲームを牽引する選手として、アンドレア・ピルロは1990年代にバルセロナでのジョセップ·グアルディオラによって完成された役割との不朽の関連性を示している。ピルロは2001年にブレシア・カルチョにてトレクァルティスタであることを止めた理由の一つは、そのポジションにはロベルト・バッジョがいたからだ。

座乗するプレイメーカー達の主な役割はアタッカーに向けてのボールを得ることであり、他のプレイメーカーよりも前を向くことが好まれる。今日、この役目はスクリーニングミッドフィールダーによって最も頻繁に実施される、それはアロンソ(マドリー)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)、マイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)、イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)

ユルゲン・クロップはグループステージでのホームゲームでマドリーに勝利した後に明らかにしたことが、エジルよりもアロンソをおそれていたことだ。"ビルドアップはアロンソに集中する、我々は非常に上手に彼にプレッシャーをかけたから、彼は自分自身の役割のだせなかった。しまいにはペペがロングパスをだす様になったけれど彼はアロンソに比べてよけいに際立って良くなかったな"

チャンピオンズリーグの試合におけるマドリーに統計データ表は最も影響力のあるプレーヤーとしてアロンソを強調し続ける、信じられないくらいの距離を走って頻繁にボールに触り、センターサークル付近それに相手陣内にてプレーを実行する。それには11/12シーズンのエジルへのアシストも含まれる。アロンソはチャンピオンズリーグの試合に於いてドイツ人選手達が90分でプレーした全パス本数の2倍に近いパスをした。アロンソのパスは単にホールディングミッドフィールダータイプだけではない、中長距離のレンジで、正確に、プレーを意識したボールなのだ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130626

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。