Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2013-06-23-Sun4-2-3-1の魅力 2/3 このエントリーを含むブックマーク

''偉大な先人達''

この型は、偉大なエル・ブランコの名手達に適する形になった。ルイス・フィーゴ、ジダン、そしてロナウドはロスターの象徴的な選手だ。単独のストライカーとしてロナウドの加速とボールコントロールはカウンターにおいて破壊的でしたが、大怪我によるキャリアの中断により、ディフェンダーを肩で背負う選手としての役割が最も効果的になった。マドリーはロナウドを孤立することを抑止し、彼らの「4-2-3-1」の解釈、ラウール・ゴンサレス、ジダン、フィーゴをメディアプンタのトリオとして配置することは、ロナウドの脅威を最大化しようとした。


前方に対し狭いということに対して、いくつかのリスクはありました。フィーゴは一言で'ウィンガー'という言葉を超えた資質を持っていました、彼はスタート配置はワイドライトですが、定期的に内側に切れ込む、ドリブルで中央に突っ込むことをしていました。ジダンは通常スリークォーターラインの左でしたが、頻繁にインサイドレフトに抜けたり中に向かっていた。このマドリードの先人達はダイナミックなフルバック達に頼ることができた。勤勉で働き者のミチェル・サルガド、驚くべき速さのロベルト・カルロス、彼は2002年、ハンプデンパークにおける決勝のジダンの素晴らしい記憶に残る決勝点をアシストしました。


''極めて重要なフォーメーション''

フィーゴ、ラウール、ジダン、ロナウド、ロベルト・カルロスによるマドリーは「4-2-3-1」の向こう見ずな展開に至った。彼らは強固なアンカーに依存し、この時代のもう一つの側面として新たな語彙が生まれる。'マケレレロール’何故ならこのフランス人のマドリーおよびチェルシーでの勤勉なディープミッドフィールダーは、洗練されたポジションセンスと不屈の精神のタックルと注意を払ったインターセプトを記録した。クロード・マケレレは前に上がるフルバックのマドリーにおいて重要な責任を負った。彼の運動量は重要で、専ら短いパスによって通される配球はジダンにとって不可欠でした。


マドリーの「4-2-3-1」が成長するに連れ、他国の主要なチームもヨーロッパの戦いにおける基本フォーメーションとして取り入れ、大事なことも変化していったのです。センターバックの前の地域における監視役としての存在がより強調される様になり、迅速な速攻の為のより長いパスも増えた。


現在のマドリーおよび記録的な躍進のスペインにおける、シャビ・アロンソのファーストタッチでディープミッドフィールドから決める30から40メートルの正確性は、アコーディオンの蛇腹のような役割を果たしています。それはヒッツフェルトが”ゲームは現在全てにおいて収縮し、拡大するのです”と記すように。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130623

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。