Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2009-12-19-Sat

このページも有効活用しないとな

[] 2009-12-19 - Thin Red Line を含むブックマーク

Champions p6

Coaches strive to create double trouble

The multipurpose lone striker no longer has a monopoly on attacking play in Europe

(Last seaon, Fabio Capelli said: "It is one striker, no mattew how they line up." That's changed)


Unlike Tom and Jerry, striking double acts have been known to go out of fashion. In last season's UEFA Champions League, all four semi finalists used one striker in a 4-3-3.This trend prompted many experts to declare the striking partner ship well and truly dead. England manager Fabio Capello says the trend is clear: "it is usually one striker,no matter how they line up."

If only football were that simple. This season, more teams have set out to give their opponents double trouble. AZ Alkmaar, Atlético, Besiktas, Bordeaux, Debreceni, Juventus, Stuttgart, Unirea and Wolfsburg have all used a front two.

José Mourinho has struck gold domestically, pairing Samuel Eto'o and Diego Milito at table-topping Inter, while Sevilla have stormed to the top of Group G with Frédéric Kanouté and Luis Fabiano leading the attack.

At Stamford Bridge, fans have longed to see Drogba and Nicolas Anelka given a good run together.Carlo Ancelotti has backed his belief that the two can work in the same side by playing a 4-4-2 with a midfield diamond.

The Ivorian is rampaging handful complemented by Anelka's calm finishing instincts and willingness to drift wide.With Drogba's European ban over, The duo may be crucial to Chelsea's hopes of becoming the first new club to win this tournament in 12 years.

Milan and Real Madrid, who have so memorably slugged it out in Group C, have partnerships in the making Leonardo's Rossoneri could prosper if they can consistently combine Filippo Inzaghi's nose for goal and Pato's speed and dribbling. Real Madrid's bid to foster an understanding between Raúl and Karim BEnzema could yet come good. By blemding Raúl's guile and young Benzema' explosive power, Los Blancos could reduce their reliance on Cristianno Ronald's goal power.

Despite the return of striking patnerships, many sides will, as Marcello Lippi says ,continue to rely on "adaptable players who respond to the action or the situation and then return to their starting positions"

Paradoxically the popularity of double acts may be good news for central defenders. If every team in Europe stuck rigidly to one up front, half the centre-back would have had to learn a new skill or find a new job.

[] 2009-12-19 - Thin Red Line を含むブックマーク

適当に日本語化。意外と難しいのは形容詞である。

トムとジェリーを除いては、二人の主役を張ることは流行遅れとみられてしまいました。昨季のUEFAチャンピオンズリーグ4強チームは、いずれもワントップによる4-3-3システム。この流行により多くの専門家達は良好な前線の関係は死んだと言わせしめた。イングランドマネージャー、ファビオ・カペッロは「フォワードを一人置いたら、あとはどんな前線にするかなど・・・」

枚数だけで結果が決まらないフットボール故、ツートップのチームは多い。今季ではAZ、アトレチコ、ベジクタシュ、ボルドー、デブレツェニ、ユベントス、シュトゥットガルト、ウルジチェニ、ヴォルフスブルクがツートップであるし、ジョゼ・モウリーニョはインテルにて国内首位の座を、エトーとミリートを前線に据えて、得ているわけだし、セビリアもカヌーテとルイス・ファビアーノの前線でグループG首位通過しています。

そしてスタンフォード・ブリッジでは、ファンが待ちわびたドログバとアネルカのツートップ、両者の併存は可能というカルロ・アンチェロッティの強い信念の下に披露した。しかも中盤はダイヤモンドという布陣。ドログバの爆発力にアネルカの狡猾な決定力やワイドに開いて展開できることは互いに補完関係にあり、チェルシーの12年ぶりの欧州大会優勝の不可欠な要素になることでしょう。

ミラン、レアル・マドリー、グループCを印象的な勝ち抜けをした両チームについて書くと、レオナルドのロッソネリは今後もインザーギの嗅覚とパトのスピード、ドリブルが組み合わされば、上位に行くでしょう。マドリーはラウールとベンゼマの理解が深まるようにする必要があります。ラウールの策謀とベンゼマの得点力が巧く組み合わさることによって、ロナウドへの依存の軽減にもなるわけですから。

ツートップの復権のようにも見えますが、多くの意見としては、マルチェロ・リッピを筆頭に「選手の動きへの対応や、状況によって決まるもの」ということであります。

さて、最後に逆説的な話ですが、ツートップの復権で一番安堵しているのはセンターバックかもしれませんね。厳格に1対1で対峙した場合に、余ってしまう選手は新たな仕事を探さなければならなくなってしまうわけですから。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091219

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。