Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2009-12-30-Wed このエントリーを含むブックマーク

今更気になったのでFootに出ていたケルンの選手達。

2回連続で登場したロラント(Roland Müller)は

1. FC Köln II(レギオナルリーガの西地区、4部相当)のレギュラー。

中々良かったシュヴァブケ(Daniel Schwabke)はロラントの交代で1試合出場。

1回目に出ていたクロアチア人のミロ(Miro Varvodic)は

今季も第3GKとして帯同、出場はナシ。

それにしても2回登場のロルフ・ヘリングス(Rolf Herings)の回は面白い。

ちなみに、日本代表に足りないモノ。

4年前の敗退時に思ったことだが、守備陣の海外経験の無さ。

宇都宮徹壱が「トゥーリオも中澤も日本の育成システムで育っていない選手」と

言ったそうだが、その通りである。それでも世界のトップと渡り合えていない。

それだけJリーグのレベルの問題もあるが、海外に出なかったのは痛い。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091230

2009-12-29-Tue このエントリーを含むブックマーク

久々にキーワード作っちゃう?

とはいえ、記憶で書くんだけれど。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091229

2009-12-27-Sun このエントリーを含むブックマーク

こんなネタが出ても

Chelsea boss Carlo Ancelotti could see his extremities turn blue if he goes back on a promise not to sign anyone during the January transfer window.

The Premier League leaders, who have had a transfer ban suspended, will be deprived of several first-team players during the African Cup of Nations, but Ancelotti has promised to run naked in the snow if they dip their toe into the winter market.

裏では、セルヒオ・エルクン・アグエロやルカ・トニといった話があるのです。

それからディ・サントってどうなるんでしょうね。冬にレンタルバックですが。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091227

2009-12-26-Sat このエントリーを含むブックマーク

なんか、知らんけど、uefa.comに

Championsの翻訳記事が載ってますね。

日本語版は諦めてますが、

長い記事とかは適宜日本語を欲しかったりします。

(ただし、これは記者の意見であり、uefaの正式な見解ではありません)

良かった良かった。

さて、英文載せてみるかな?

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091226

2009-12-25-Fri このエントリーを含むブックマーク

勿論のことですが

アフリカ・ネーションズカップのメンバーはここに全員載せる。

一応、ニュース的な話ではカメルーン、ル・グエンは

トットナムのバソングを招集せず

シャルケのマティップ(ドイツ生まれ)が初招集。

等々色々あるのですが

日本もベネズエラなんか試合組むくらいなら、

ネーションズカップに出場成らなかったセネガルと試合しろよ。

そんな気分です。セネガル代表、モルデのディウフはユナイテッドに

1月から加入(一応形はレンタルバック)

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091225

2009-12-24-Thu

クリスマス休暇?

そんなのフットボールの記事にはないっすよ。

ロイ・キーン先生の辛辣コメント最高。


[] 2009-12-24 - Thin Red Line を含むブックマーク

私の腕が確かなら、「technical area」にしたいのだが、著作権も怖いが、労力が怖い。

(今回のテーマはバルサの選手役割についての内容、大体英語で読める)

というわけで、興味深い短い記事を。(Liberoからです、今回も)

champions p11

Are B-sides being played right?

Big clubs want second strings in a regular league, but there are dangers

Reserve sides are at the heart of the debate about nurturing talent especially now the Premier League has caused consternation by adopting the UEFA Champions League rule that each club must have at least eight home-grown players in their squad.

"It may be difficult to maintain quality,"said Liverpool's Rafael Benítez. "The number of players is not the point - the quality is. In England there is a big gap between academies and first teams. The reserve league is not filling this gap."

Benítez,José Mourinho and Arsène Wenger have criticised the English system, in which reserve sides play 18 games a season in a separate league.

In Spain and Germany, reserve teams can play in the same league structure as their 'parent' club - but not in the top divisions. When Mourinho was at Stamford Bridge, he said he'd have loved to see Chelsea B team in the Championship.

These restrictions are necessary. Real Madrid reserves Castilla CF(once managed by Benítez) reached the 1980 Copa del Ray final, losing 6-1 to los Blancos proper. Bayern München Ⅱ made the quarter finals of the German Cup in 2005 - with Bayern Ⅰ.

For young players, the benefits stack up when reserve sides play in regular leagues. As Benítez put it, they can be "playing against men and winning". But should the lower leagues exist to develop players for an elite group of clubs? And is it fair to the clubs who play only those leagues?

Reserve sides in relegation scraps have better training and medical facilities and in dire straits can be bolstered by senior player. When Werder Bremen Ⅱ were in danger relegation from 3. Bundesliga in 2005, they sent in striker Nelson Valdez, fresh from scoring twice against Valencia in the Champions League. He scored a hat-trick against Borussia Dortmund Ⅱ and sent Chemnitzer FC down in place of Bremen Ⅱ.

England's football League says having reserve teams in the regular league structure is "an absolute non-starter" and may hurt the Chmpionship, where crowds are 2.5 times the size of the equivalent division in Spain.

[] 2009-12-24 - Thin Red Line を含むブックマーク

Bチームは本当に機能している?

ビッグクラブは常にツースクワッド用意しておきたいもの、しかしそこに潜在する危険性とは

リザーブチームというモノが現在プレミアリーグでは大きな議論の的になっています。特に選手を育成する点においてです。何故なら、UEFAチャンピオンズリーグに出場するチームは1試合に付き少なくとも8名のホームグロウン選手をスクワッドにいれなければならないとした大変驚愕な決定をしたからです。

「チームの質を維持するのが難しくなるだろう」とリバプールのベニテスは言います、「選手の数の問題ではない、質が問題なんだ。イングランドではファーストチームとアカデミーでは雲泥の差があって、それをリザーブリーグでは埋められない。」

ベニテス、ジョゼ・モウリーニョ、アーセン・ヴェンゲルはイングランドのシステムを批判します。リザーブチームの試合はリザーブリーグで18試合しかないのですから。

スペインやドイツではリザーブチームはトップチームと同じリーグ組織の中で戦うことができます。但し同じディヴィジョンで戦うことは禁じられています。モウリーニョもスタンフォード・ブリッジにいたころはチェルシーのBチームがチャンピンシップ(イングランドの2部相当)で戦う試合が見たいと思っていました。

このディヴィジョン規定は重要です。1980年のコパ・デル・レイではレアル・マドリードのリザーブチームであるカスティージャCFがレアル・マドリードCFに1-6で破れましたが決勝までたどり着きました。バイエルン・ミュンヘン・アマチュアは2005年のドイツカップで、バイエルン・ミュンヘン・トップチームと共にベスト8に名前を連ねました。

若い選手たちには、通常のリーグ戦の試合に出場し、「相手と対峙して勝とうとする」(ベニテス)ことの利益があるとされます。しかし、下部リーグはエリートチームへの育成のための存在でしょうか?下部のみに在籍するチームに対し、公平と言えるのでしょうか?

降格と闘うリザーブチームは、より良いトレーニング、医療設備、トップチームからの強化を受けることが出来ます。ヴェルダー・ブレーメン・アマチュアが降格から3ポイントの危機にあったとき、バレンシア戦で2得点を挙げた男、ネルソン・バルデスを先発で起用、ボルシア・ドルトムント・アマチュア相手にハットトリックの活躍を挙げ、ケムニッツァーFCを勝ち点で上回ったのです。(このシーズン、レギオナルリーガ13位で残留。ケムニッツァーは14位。ドルトムント降格)

イングランドのフットボールリーグ構造はリザーブチームを「絶対的にノンスターター」としています。これはスペインのセグンドに比べれば2.5倍も観客が入るチャンピオンシップにとって、損失なのかもしれません。

同じような問題はJリーグにも存在し、原博実が毎度、問題提起している。リザーブチームに加え、日本では大学生リーグもあるので、これを上手く統括できなければ、底辺の底上げが難しいでしょうね。

それにしても伝説の1980年コパ、次の年、UEFAの規定でカップ・ウィナーズ・カップに出場しているんだぞ、カスティージャ。(しかもホームでウエスト・ハムに勝っている。3-1。アウェイで1-3、延長で0-2の負け)

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091224

2009-12-23-Wed

フェレンツ・プスカシュ賞

所謂年間最優秀ゴール賞ですね。

当然ながら、昨年はクリスチアーノ・ロナウド選手のゴラッソ

以下続くのが

アンドレス・イニエスタ劇的同点ゴール(準決勝チェルシー戦)

グラフィテのコロコロヒール(バイエルン・ミュンヘンとの大事な首位争いの試合、但し態勢が決まってからのゴール)

エリラン・アタルのオーバーヘッド(イスラエルリーグはワカラン)

フェルナンド・トーレスのトラップからのボレー(ブラックバーン戦)

ニウマールの8人抜きゴラッソ(ブラジレイロン開幕戦、因縁のコリンチャンス戦、彼はインテルナシオナウから移籍して現在はビジャレアルですね)

マイケル・エッシェン先制ゴール(準決勝バルセロナ戦、ああ、これで勝っていたら)

ルイス・アンヘル・ランディン選手のスコーピオン(ただこのチーム、最下位なんだよ)

エマヌエル・アデバヨールの同点アクロバティックボレー(現在シティーですね)

カトレゴ・ムフェラ選手のフリーキック(コンフェデレーションズカップ、後半終了間際の同点弾、でも延長で負けました)

http://www.fifa.com/classicfootball/awards/puskasaward/results.html

とりあえず、全て見た感想、試合の内容、重要度から考えたら、トップに勝てるモノはありませんでした。

[] 2009-12-23 - Thin Red Line を含むブックマーク

Champions p14

古いスペルなのか誤字なのか、困る

AC Milan 2006/07

Team of the season

After foundering in Serie A they proved their mettle in Europe one last time

Formation 4-3-2-1 Christmas tree

In the four-man defence,Paolo Maldini and Alessandro Nesta anticipated, closed down and made opponents look ordinary. Full-backs Massiomo Oddo and Marek Jankulovski, hitherto little-known outside Italy, attacked with gusto. For the midfield and attack, coach Carlo Ancelotti picked an old favourite."I wanted to bring the dear old Christmas tree out of the attic. My idea was Gattuso, Pirlo and Ambrosini in the middle, Kaká and Sedorf as trequartistas and one striker(Filippo Inzaghi or Alberto Gilardino)"

Star Players

Inzaghi scored twice in the final, but the overall star was Kaká. The sparkling Brazillian scored ten en route to Athens. His brace in the first leg of semi-final against Manchester Uniter showed his pace, quick thinking, composure, technique and movement. In the second leg, Jankulovski and Oddo squeezed Cristiano Ronaldo's Space - forcing him inside, where a pumped-up Gennaro Gattuso nullified him. Maldini was Maldini - which was enough.

Coach

Measured and affable Ancelotti, in the fifth full season as boss, was desperate for revenge over Liverpool after 2005 final defeat. When the squad saw Liverpool beat Chelsea to set up a rematch, says Ancelotti,"we looked each other in the eye and all thought the same thing;'We've already won'"

What they did

They ageing Rissoneri had sold Andriy Shevchenko in the summer of 2006 and made the UEFA Champions League as Italy's fourth team. Their league form was so poor that be December they were five points off relegation. Dida, Cafu, Gattuso, Maldini, and Nesta got injured; Sheva's replacement Ricardo Oliveira wasn't scoring. In Sports Illustrated, Gabriele Marcotti wrote "Everything that could go wrong has gone wrong" But in 2007 things clicked Europe. Ancelotti went for one striker and gave Seedorf and Kaká more creative responsibility. In the quarter-final second leg, Milan their home leg 3-2, but Milan gave them a 3-0 football lesson in the return. The final was tactical(Seedorf drifted left to block right-back Steve Finnan's attacks), and Inzaghi's two goal banished the memory of Istanbul.

Long-term significance

Milan had proved calcio wasn't dead, but it was the last hurrah for this Rossoneri generation. A tame defence of the trophy in 2007/08 and a tepid UEFA Cup campaign in 2008/09 conclued an era. In Summer 2009, Ancelotti went to Chelsea, Maldini retired, and Kaká joined Real Madrid.

これは補足も必要な

[] 2009-12-23 - Thin Red Line を含むブックマーク

小さなコーナーの方が、唸る記事が多い。

2006-07シーズン ACミラン

彼らはヨーロッパ最高の舞台で自分たちの力を証明した。

4-3-2-1クリスマスツリー

4バック、パオロ・マルディーニ、アンドレアス・ネスタは対峙する相手を見て、予測して抑えます。フルバックのマッシモ・オッド、マレク・ヤンクロフスキーは積極的に攻撃参加をします。ミッドフィールダーおよびアタッカーについては、アンチェロッティ監督の意を汲み取る選手を起用。

「私はクリスマスツリーのような形にしようと考えた。私の考えでは、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、アンドレア・ピルロ、マッシモ・アンブロジーニが中盤を支配し、カカー、クラレンス・セードルフがトレクァルティスタとなって、一人のストライカー(フィリッポ・インザーギもしくはアルベルト・ジラルディーノ)を配置する。

スター選手

インザーギは決勝で2得点を挙げたが、大会を通して素晴らしかったのはカカーである。決勝までの道のりに置いて輝けるブラジルの至宝は10得点を挙げた(大会得点王)、特にマンチェスター・ユナイテッドとの準決勝1stレグでは、彼の迅速な判断力、冷静さ、技術、動きを見せ、決勝までの道のりに弾みをつけた。(3-2での敗戦だったが、カカーの2得点アウェーゴール)

2ndレグではフルバックの二人がクリスチアーノ・ロナウドのスペースを抑え、中に入ればガットゥーゾが潰した。出場無かったマルディーニだったがそれでも問題なかった。(3-0の完勝)

コーチ

思慮深く、愛想の良い、監督として5シーズン目を迎えた、アンチェロッティは、2005年の決勝に敗れて以来、雪辱に向けて必死だった。リバプールがチェルシーに勝ったことで2年前の再戦となった時、アンチェロッティは選手達に言った。「互いに目を見ろ、同じ事を思い起こすはずだ、『我々は既に勝った』」

何をしたのか

若返りの為にロッソネリはシェフチェンコ(チェルシーへ、子供教育問題もあった)を2006年夏に売ったが、4番目のチームとしてチャンピオンズに参加した(カルチョポリで色々)06-07シーズンだったが、国内リーグでは12月の時点で降格から5ポイントという勝ち点に乏しい状態だった。ヂダ、カフー、ガットゥーゾ、マルディーニ、ネスタがケガ、シェヴァの代役として加入したヒカルド・オリヴェイラは点を取ることが出来なかった。スポーツ・イラストレイテッド(アメリカの有名雑誌)のガブリエル・マルコッティ(championsにも寄稿してくださる、イタリア生まれの英国系で活躍するスポーツジャーナリスト)曰く「全てが間違っている故の帰結である」と。しかし2007年になって、欧州戦、アンチェロッティはワントップに変え、カカーとセードルフに創造的な役割をより与えると、準決勝では2-3という結果で帰ってきてもホームではユナイテッド相手に3-0とサッカーレッスンのように下した。決勝は戦術的だった、セードルフは攻撃面で対面するライトバック、スティーブ・フィナンの攻撃参加を抑え、インザーギのゴールで、イスタンブールの悪夢を取り払ったのである。

長期的な意義として

ミランはカルチョが死んでいないことを証明したが、この世代のチームとして最後の歓喜でもあった。07-08シーズンは連覇ならず(サン・シーロでアーセナルに見事に敗戦、1回戦)08-09シーズンのUEFA杯でも破れた(ブレーメンにアウェーゴールで敗退)のである。

そして2009年夏、アンチェロッティはチェルシーへ去り、マルディーニは引退、カカーはレアル・マドリードへ移籍した。

ちなみに、このクリスマスツリーという命名は確かにこのシーズン辺りだったのだが

4-3-2-1というシステムを最初に見たのは、04-05のチャンピオンズグループリーグ、カンプ・ノウでのバルサ戦。

2-1でバルサが勝つ(ホナウヂーニョの見事な決勝ゴール)試合なのであるが、縦パス一発で決めるシェヴァの先制点、得点チャンスは少なかったのだが、冷徹な試合運びが素晴らしかった。これが端緒だと私は思っている。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091223

2009-12-22-Tue このエントリーを含むブックマーク

活用、活用。???

ネタ置き場

Manchester City striker Craig Bellamy and goalkeeper Shay Given are considering quitting the club in protest over the sacking of former manager Mark Hughes.

Full story: The Sun

New Manchester City boss Roberto Mancini will hope to beat Manchester United, Chelsea and Liverpool to the signing of Palermo centre-back Simon Kjaer and his other targets include Juventus defender Giorgio Chiellini, Rubin Kazan left-back Cristian Ansaldi, Osasuna right-back Cesar Azpilicueta, Sporting Lisbon centre-back Daniel Carrico, Sampdoria forward Antonio Cassano, AC Milan midfielder Gennaro Gattuso and CSKA Moscow midfielder Milos Krasic.

Full story: Daily Mail

またChampionsのネタ加工っっと。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091222

2009-12-19-Sat

このページも有効活用しないとな

[] 2009-12-19 - Thin Red Line を含むブックマーク

Champions p6

Coaches strive to create double trouble

The multipurpose lone striker no longer has a monopoly on attacking play in Europe

(Last seaon, Fabio Capelli said: "It is one striker, no mattew how they line up." That's changed)


Unlike Tom and Jerry, striking double acts have been known to go out of fashion. In last season's UEFA Champions League, all four semi finalists used one striker in a 4-3-3.This trend prompted many experts to declare the striking partner ship well and truly dead. England manager Fabio Capello says the trend is clear: "it is usually one striker,no matter how they line up."

If only football were that simple. This season, more teams have set out to give their opponents double trouble. AZ Alkmaar, Atlético, Besiktas, Bordeaux, Debreceni, Juventus, Stuttgart, Unirea and Wolfsburg have all used a front two.

José Mourinho has struck gold domestically, pairing Samuel Eto'o and Diego Milito at table-topping Inter, while Sevilla have stormed to the top of Group G with Frédéric Kanouté and Luis Fabiano leading the attack.

At Stamford Bridge, fans have longed to see Drogba and Nicolas Anelka given a good run together.Carlo Ancelotti has backed his belief that the two can work in the same side by playing a 4-4-2 with a midfield diamond.

The Ivorian is rampaging handful complemented by Anelka's calm finishing instincts and willingness to drift wide.With Drogba's European ban over, The duo may be crucial to Chelsea's hopes of becoming the first new club to win this tournament in 12 years.

Milan and Real Madrid, who have so memorably slugged it out in Group C, have partnerships in the making Leonardo's Rossoneri could prosper if they can consistently combine Filippo Inzaghi's nose for goal and Pato's speed and dribbling. Real Madrid's bid to foster an understanding between Raúl and Karim BEnzema could yet come good. By blemding Raúl's guile and young Benzema' explosive power, Los Blancos could reduce their reliance on Cristianno Ronald's goal power.

Despite the return of striking patnerships, many sides will, as Marcello Lippi says ,continue to rely on "adaptable players who respond to the action or the situation and then return to their starting positions"

Paradoxically the popularity of double acts may be good news for central defenders. If every team in Europe stuck rigidly to one up front, half the centre-back would have had to learn a new skill or find a new job.

[] 2009-12-19 - Thin Red Line を含むブックマーク

適当に日本語化。意外と難しいのは形容詞である。

トムとジェリーを除いては、二人の主役を張ることは流行遅れとみられてしまいました。昨季のUEFAチャンピオンズリーグ4強チームは、いずれもワントップによる4-3-3システム。この流行により多くの専門家達は良好な前線の関係は死んだと言わせしめた。イングランドマネージャー、ファビオ・カペッロは「フォワードを一人置いたら、あとはどんな前線にするかなど・・・」

枚数だけで結果が決まらないフットボール故、ツートップのチームは多い。今季ではAZ、アトレチコ、ベジクタシュ、ボルドー、デブレツェニ、ユベントス、シュトゥットガルト、ウルジチェニ、ヴォルフスブルクがツートップであるし、ジョゼ・モウリーニョはインテルにて国内首位の座を、エトーとミリートを前線に据えて、得ているわけだし、セビリアもカヌーテとルイス・ファビアーノの前線でグループG首位通過しています。

そしてスタンフォード・ブリッジでは、ファンが待ちわびたドログバとアネルカのツートップ、両者の併存は可能というカルロ・アンチェロッティの強い信念の下に披露した。しかも中盤はダイヤモンドという布陣。ドログバの爆発力にアネルカの狡猾な決定力やワイドに開いて展開できることは互いに補完関係にあり、チェルシーの12年ぶりの欧州大会優勝の不可欠な要素になることでしょう。

ミラン、レアル・マドリー、グループCを印象的な勝ち抜けをした両チームについて書くと、レオナルドのロッソネリは今後もインザーギの嗅覚とパトのスピード、ドリブルが組み合わされば、上位に行くでしょう。マドリーはラウールとベンゼマの理解が深まるようにする必要があります。ラウールの策謀とベンゼマの得点力が巧く組み合わさることによって、ロナウドへの依存の軽減にもなるわけですから。

ツートップの復権のようにも見えますが、多くの意見としては、マルチェロ・リッピを筆頭に「選手の動きへの対応や、状況によって決まるもの」ということであります。

さて、最後に逆説的な話ですが、ツートップの復権で一番安堵しているのはセンターバックかもしれませんね。厳格に1対1で対峙した場合に、余ってしまう選手は新たな仕事を探さなければならなくなってしまうわけですから。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20091219

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。