Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2007-02-22-Thu48日目 このエントリーを含むブックマーク

ノックアウトラウンド1回戦は

グループラウンドの1位クラブが

必然的に第2戦になります。

これが有利かどうかは

殆どの監督が「ワカラン」と言います。

ただ「強いところと当たらないから」良いと言います。

ところがノックアウトラウンドの恐ろしいことに

第1戦に勝利したチームが進出することが

準々決勝以降は特に多い。

近年の逆転負けの例は

Pk戦、延長戦、アウェーゴールを除くと

デポルティーボ・ラ・コルーニャが

ACミラン相手に4-0で葬り去った試合と

ユヴェントスレアル・マドリード相手に

2-1のビハインドから、3-1で勝利した試合

くらいしかありません。

ユーヴェの試合は2戦共に素晴らしい内容でございました。

第1戦の試合内容におけるユーヴェの試合運びの不気味さが

トリノで大爆発。フィーゴPKミス、ネドヴェドゴール。

それから言うな。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20070222

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。