Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2007-01-09-Tue4日目 このエントリーを含むブックマーク

お兄さんもビックリの1月の大ネタ

ジョゼ・モウリーニョの辞任と

フース・ヒディンクの就任というネタ。

そりゃ、チェルシーのオーナーがロシア人の

ロマン・アブラモビッチであるということに加え

ロシア代表監督就任にはアブラモビッチからの金があったとされるし

ヒディンクが前任していたクラブ

PSVアイントホーフェンにはチェルシーが金を提供

英国の労働許可証が下りない選手を

PSVに下請けさせるという業務は前々からあったわけで

嘘か真か以前に、それはあってもおかしくないが

ジョゼがいなくなる寂しさが先行した。

やっぱりあれだけの戦力および陣営を持っていて

ビッグイヤーを獲れなきゃダメなんすよ。

あのダメダメクラブが、マグレで優勝しやがって。

21世紀、欧州サッカーの最悪のダメ歴史。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20070109

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。