Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-10-28-Sat9日目 このエントリーを含むブックマーク

詰まるところ、監督がいない。

イタリアもスペインも監督は堂々巡り

時々出てくる若手の監督というのは

だからこそ価値があるモノだと感じる。

若手監督といえば

やっぱりキケ・サンチェス・フローレスなんだろうか

元々レアル・マドリードの下部組織の監督だったが

ヘタフェの監督となってそれなりに成功

プレースタイルの似ていることから

バレンシアに引き抜かれての好成績。

彼もバレンシアで結果が出なくなったら

堂々巡りなんだろうなぁ。

いつか、メレンゲスに帰ってくるやもしれぬ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20061028

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。