Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-07-15-Sat17日目

0-0から 0-0から - Thin Red Line を含むブックマーク

  • 世界最強リーグ・レガカルチョ・セリエBへようこそ

カルチョポリ裁判の判決はユヴェントスは04-05、05-06のスクデット剥奪 + 30ポイント剥奪、フィオレンティーナは12ポイント剥奪 、ラツィオ は7ポイント剥奪でそれぞれセリエB降格、ミランはセリエA残留ながら15ポイント剥奪 + チャンピオンズリーグ出場権剥奪。なお判決の確定は7/24で、上訴期間は5日間に設定。

ユヴェントス:セリエB降格、04-05、05-06スクデット剥奪、30ポイントのペナルティ

ルチアーノ・モッジ:活動禁止5年

アントニオ・ジラウド:活動禁止5年

ACミランUEFAチャンピオンズリーグ出場権剥奪、15ポイントのペナルティ

ミニ・ミー:活動禁止1年 + 罰金5万ユーロ

レナルド・メアーニ:活動禁止3年6ヶ月 + 罰金2万ユーロ

フィオレンティーナ:セリエB降格、12ポイントのペナルティ

アンドレア・デッラ・ヴァーレ:活動禁止3年6ヶ月

ディエゴ・デッラ・ヴァーレ:活動禁止4年

ラツィオ:セリエB降格、7ポイントのペナルティ

クラウディオ・ロティト:活動禁止3年

FIGC関係

フランコ・カッラーロ前会長:活動禁止4年6ヶ月

インノチェンツォ・マッツィーニ前副会長:活動禁止5年

審判協会

パオロ・ベルガモ任命担当:追って通知

ピエールルイジ・パイレット:活動禁止2年6ヶ月

トゥリオ・ラネーゼ会長:活動禁止2年6ヶ月

ジェンナーロ・マッツェイ副コミッショナ:活動禁止1年

ピエトロ・インガルジョラ・オブザーバー:厳重注意

主審関係

マッシモ・デ・サンティス:活動禁止4年6ヶ月

パオロ・ドンダリーニ:活動禁止3年6ヶ月

ジャンルカ・パパレスタ:活動禁止6ヶ月

パスクアレ・ロドモンティ:無罪

パオロ・ベルティーニ:無罪

ドメニコ・メッシーナ:無罪

ジャンルカ・ロッキ:無罪

パオロ・タリアヴェント:無罪

副審関係

クラウディオ・パグリージ:活動禁止1年

ファブリツィオ・バビーニ:活動禁止1年

ジョヴァンニ・コボッリ・ジリ:ユヴェントス会長

「奇想天外な判決で本当にありがとうございます。これは法に感情を持ち込むという著しくバランスを欠いた裁定であると考えております。セリエBについては覚悟していましたが、30ポイントのペナルティとは実質的にセリエC1から始めるようなものです。これについては厳重に抗議します」

フィオレンティーナ広報

「不当そのものであり、あらゆる手を尽くして戦うと宣言する。我々は常に潔白であると主張して来たが、その考えは判決が出た後でも一切変わりはない」

  • 世界最弱リーグ・レガカルチョ・セリエAへようこそ

ユヴェントス、フィオレンティーナ、ラツィオのセリエB降格に伴い、メッシーナ、レッチェ、トレヴィーソの3チームがセリエAでプレーする模様。なおチャンピオンズリーグにはインテル、ローマ、キエーヴォ、パレルモが登録される予定。

来季はブンデスリーガでも見るか。ドイツのスタジアムは綺麗なところ多いし。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060715

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。