Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-07-31-Mon33日目 このエントリーを含むブックマーク

いやはや恐ろしいですな。レアル・サラゴサ。

アンドレス・ダレッサンドロとパブロ・アイマールがコンビですよ。

リーベル・プレート出身の二人。

アイマールが出て行ったときにちょうど良い感じで

ダレッサンドロが出てきた歴史があるそうで。

ところで、これだけ面白いリーガ・エスパニョーラだが

批判をされているチームが2位で

チャンピンズ、ストレートインなんだからな。

フハハハハッハハ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060731

2006-07-30-Sun32日目 このエントリーを含むブックマーク

スペインに負けたスコットランドだが

決勝まで進んだらしい。U19欧州選手権。

これで困っているのがジェラール・ピケ選手。

ピケ選手の所属するチームの監督は

スコットランド人なのだ。ああ、大変。

この人は元バルサですね。

今はイングランドですけれど。

来季は活躍の場が増えますかね。

難しいポジションだけれど。

リオとハインツェが堅いけれど。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060730

2006-07-29-Sat31日目 このエントリーを含むブックマーク

ワールドカップ見たらですね

ファン・ニステルローイもロナウドも活躍しなかったじゃないですか

しかも不吉なことに背番号9。活躍した選手の少なかった背番号。

大体、欲しいポジションはフォワードじゃなくて

ミッドフィールダーだら。

会長選挙前には名前の挙がっていたディアラは

結局残留なんですかね。

リヨンには助かるお話。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060729

2006-07-28-Fri30日目 このエントリーを含むブックマーク

セルティックの補強はどうするんですかね。

ベニー・マッカーシー取り損ねて

今になって出てきている名前が

ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンクとアナトリー・ティモシュチュク

もう開幕するんですよ。スコティッシュ・プレミアは。

7月29日からですよ。そして第2節にいきなりハーツ。

(ハーツはチャンピオンズを理由に延期を求めないんですかね。)

で、8月の頭に来日するでしょ、セルティックは。

考えているのだろうか?目先のナカムーラ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060728

2006-07-27-Thu29日目 このエントリーを含むブックマーク

スペインのU19は、

アルベルト・ブエノとハビ・ガルシアが決めたそうですよ。

カスティージャの選手ですよ。ええ話や。

06-07においてセグンダ唯一のBチーム

それがカスティージャ。

マラガBが降格したから。

しかし、育成で有名なのは

クエルポとかレサマですよね。

若手育成はしっかりしているのに

頂点がダメなのは何故やら。

残念すぎです。

今でも悔やまれる、あそこで3人交代はなぁ

レジェス出すべきだっただら。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060727

2006-07-26-Wed28日目 このエントリーを含むブックマーク

給料が高いという理由で諦めたトレゼゲ

ローマが2000万ユーロと。

その数日前にスパレッティがいたわけだし

イアクィンタというネタがあった。

ただそれより前にトレゼゲかトーニを狙うとリヨン

トーニがインテルとなると

どうせならイアクィンタ狙っちゃえよ、

オラス会長、ラコンブGM。

FWの実力不足に泣いたリヨン。

フレッジ覚醒しねぇかな。今季。

それとニウマール選手靱帯断裂今季絶望

ブラジル全国選手権での出来事でした。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060726

2006-07-25-Tue27日目 このエントリーを含むブックマーク

アズッリーニの監督がカジラギですって意味ワカラン。

しかもアシスタントがジャンフランコ・ゾラですって奥さん

これはこれでカルチョポリの後遺症

FIGCの右往左往で契約更新忘れていたんですよ。

前任のクラウディオ・ジェンティーレさんは

2004年にU-21欧州選手権優勝して

アテネ五輪銅メダル獲得と

まぁそれなりに結果出している人ですが

今後どうなるよ。イタリア。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060725

2006-07-24-Mon26日目 このエントリーを含むブックマーク

まだ放映権が決まっていないらしいね。

ドイツとスペインは。

スペインねぇ、WOWOWの録画放送を好きな人間いますかね。

優勝決まった試合も確か録画でしたよね。

ジダンのラストマッチも確か録画。

WOWOWに放映権が行くのなら、

レアル・マドリードTVの放映権買い取って。

何故か本日の連続放送バルサTVが羨ましい。

しかし、クーマンのロングパスがピンポイントで決まるから凄いな。

それからペップやバケーロといった中盤の選手が上手い。

そして、昨日は悪夢の0-5。結果をわかっていながら見ましたけど。

ルイス・エンリケ若かったよ。白いユニだったよ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060724

2006-07-23-Sun25日目

何というか、インタートトからの躍進で

過去3年間伸びてきたチームが

尽きるときというでしょうかね。

W杯ブレイクのおかげもあって

代表選手はまだ加入していなかった。

不幸中の不幸。

Viera, Javi Venta (Gonzalo Rodríguez, m.67), Peña, Alvarez, Carlos Alcántara (Marcos, m.67), Josico, Tacchinardi, Cani (Jonathan Pereira, m.81), Pires, Nihat Forlán

人口5万人の都市で、あれだけの活躍をしたチームだってのに。

リーガは一時期に比べてレベルが上がった。

欧州戦でも中堅クラブが勝ち抜けることができる。

あとはリーガでBIG4とされるアトレチコの活躍がないとね。

バレンシアも昨季はインタートトで終わっていた記憶が。

[] 25日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

今後作る必要に追われますね

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060723

2006-07-22-Sat24日目 このエントリーを含むブックマーク

U19欧州選手権なんですけど

フランスを破って出場している

スコットランドなんですけど負けてるんですよ。

フランスなら勝っているでしょとか思ったりしている。

何せU-17優勝メンバーですからね。

そして忘れていたが、この大会の上位は

ワールドユース出場なんですよね。

ワールドユースといえば、前回はドス・サントスにベラでした。

で、ベラ選手の所属するチーム(出向先じゃないほう)の監督は

「FWが欲しいっす」とか言っている。

サウサンプトンから取ったFWがいるのに何を言う。

あの16歳のFW、何だっけ?名前も忘れたよ。

そういえばイングランドもU-19出てませんね。

U-21には期待しますよ。そして運良ければ北京五輪。

で、今になって放送する必要性があるのか?U-21

決勝戦くらい生でやってほしかった。ミレフスキー対フンテラール。

そして事実上の決勝戦、オランダ対フランス。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060722

2006-07-21-Fri23日目 このエントリーを含むブックマーク

何でバルサなんだよ。特にザンブロッタ。

ラテラルに関しては、シシーニョは今後も伸びると思うが

イスキエルダは心配でしょ。特に守備面。

とっととロンドンかイスタンブールに行って貰う方が。

彼は起用ですからね、左右どちらもできますからねぇ。

元々は右のハーフだったんだけど

ちょうどケガをしたときにカモラネージが台頭

ポジションを失った彼にリッピがラテラルを勧めて

そのままマルディーニの後継者になったと。

ファケッティ、ガブリーニという偉大な先人のいるポジション。

そういえばあの時期はココ、パスクアーレくらいしか

いなかったものだねぇ。台頭した時期が非常に良かったんだ。

ユーヴェやアズーリが失うというより

取り損ねたって感じだ。

ジオ、シウビーニョといるのにどうして取るだかね。

もしかしてデレーチョで取ったのか?ベレッチいるのに。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060721

2006-07-20-Thu22日目 このエントリーを含むブックマーク

毎回6の付く年に決勝進出すると言われていた

リーベル・プレートが負けたらしい

10年前に優勝したときには

往年のライトバック、エルナン・ディアスとか

今でも活躍しているソリンとかおったわけだが

やっぱり全てはエンツォだったわけだ

今、南米でもエンツォのような選手はいないのか。

欧州でも煌めく輝きを持つ選手が少ない時代

しかし、ジンクスが崩れるのは

新しい時代を感じると共に

何か寂しい。

そういえばリーベルからは

誰も選ばれませんでしたね。アルゼンチン代表。

ヘルマン・ルクスすら。

見たら3失点したそうで。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060720

2006-07-19-Wed21日目 このエントリーを含むブックマーク

どうやらリバウド神の引退は間違いらしい

彼は06-07をもって欧州から去り

母国に於いて活躍をなさるとのこと。

で、オリンピアコスでの最後のシーズンを

華々しく飾るために

ゼ・ロベルトを誘ったりだとかしているそうで。

ゼ・ロベルトはどこ行くんでしょうな

日本のスポーツ新聞にはミラン移籍決定と

先走った記事があったわけだが

(日刊スポーツってこの前、

アホな記者のブログが炎上したくらい

信用度がない)

デニウソンが抜けたために攻撃の駒が欲しい

ブラジル人監督リカルドのボルドーの方が

当初からアプローチをしっかりしているし

動く場所もあるからねぇ。

しかし、オリンピアコスは良い話だ。

過去にはジオバンニがいて

リバウドに救いの手を出したのがジオバンニで

今まさにリバウドが。

まぁゼ・ロベルトは元レアルだけど。

元バルサならロナウドか。それも良いな。

あとはモッタとホッケンバックだもんなぁ。

アンデルソンはもう36だしねぇ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060719

2006-07-18-Tue20日目 このエントリーを含むブックマーク

ついにリバウド神が引退を決意なさった

06-07シーズンが最後である。

彼の活躍するギリシャリーグを

日本では放送していないので

我々は神の現在のご活躍をチャンピオンズで見る他ない

もし、彼が04-05シーズンにベスト16入りし

その後の活躍もあったなら

彼はセレソンに入っていたかもしれない。

あのイングランドのクズクラブのせいだ。

衆目の中で観客を黙らせるフリーキックは

素晴らしかった。余りにも素晴らしかった。

その前のドリブルも最高だった。

05-06シーズンでは残念ながら

チームが開幕節コケたおかげで最下位だった。

しかし人気は変わっていなかった。

挙ってユニフォーム交換をせがむブラジル人達

やっぱりレジェンドなんだ。

バロンドール達が集まったワールドカップの中で

唯一出ていなかったバロンドール受賞者、リバウド

とにかく活躍を願う。

ついぞ最近BarcaTV historiaでリバウド神の

バレンシア戦がやっていたが、やはりあのオーバーヘッド凄すぎ。

チキショウ、反対だろ、ユナイテッド対バルサ。

この前やってたんだよな。リバウド神のフリーキックが決まるシーン。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060718

2006-07-17-Mon19日目 このエントリーを含むブックマーク

中田英寿と宮本恒靖のインタビュー番組が放送された。

マジメに見ていたわけではないが、

私の考えから述べさせて貰うと

日本のライン設定は大きく間違いだったと思う。

守備というのはバックラインだけではない

中盤、前線からのチェックもあるのだが

日本の場合、明らかにフリーになるスペースができてしまう

あの場所はどう考えてもバックラインが下がりすぎているからだ

それを宮本は「もっと前からチェックしてくれ」と言う

なら前からチェックしたらどうなるのだろうか?

そうすると前の選手が自陣でボールを奪い

ゴールまで40mは最低でもあることになる。

では、日本は40mを確実に早いテンポでゴール前まで持って行くか?

答えはおそらくNo.私は見た記憶がない。

中田は自分が攻撃を含めてバックラインを上げろと言っている

バックラインはチンタラ横パス回して

縦に良いボール供給をしたことがない

中田は、シャビ・アロンソみたいなことに終始しなければならない

そうしたら攻撃に厚みが無くなる。

ということは点に結びつくことが少なくなる。

上位に残ったチームのセンターバック

このイタリアもフランスもリーグの上位クラブに比べるとラインは深かった

しかし、チームの中のテュラム、マテラッツィとフィードが上手い。

バックラインは絶妙なタイミングで仕掛けるし

ボランチも効果的な役割をする。

サッカーは11人による連動性が常に必要なのに

守備だけで語るのもどうかと思うけどね。

宮本は日本の攻撃についてどう考えていたのだろう?

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060717

2006-07-16-Sun18日目 このエントリーを含むブックマーク

代表に関してもそうなんだが

クラブチームの移籍は失敗するかどうかという前に

何か希望だったり、空想だったりが先に出る。

オランダ代表では組んだことが無い

ルート・ファン・ニステルローイとロイ・マカーイ

組んだらどうなるかって期待するではないか

マカーイはバイエルンでは抜け出すことのみを考えて

そして得点を決めるまさにスナイパー

ファン・ニステルローイも中に張ってこそ実力を発揮

高さと強さのあるストライカー

パトリック・クライファートとの双子コンビは

本当に双子で同じような位置取りして潰し合っていたけれど

マカーイはもっと器用な選手だから

どうなるよと思っていたら

ニステル、レアルが有力でカペッロが接触中

アホか。ロナウドは足を手術するけれど

カペッロは評価していないと言われるが移籍はないような感じで

物凄く、イヤな感じがしてならない。

ちなみにバイエルンは2mの新星が出てきたらしいな。

イェレミースは引退したがあのポジションにはオットルいるし

センターバックも万全。

後はトップ下ですね。得点の取れる中盤の選手。

ドス・サントスで行くつもりかね?

なんか、バイエルンのホームページによると

あのポジションにサンタクルスをコンバートするらしいが

シュツットガルト戦はまぁまぁって感じだし。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060716

2006-07-15-Sat17日目

0-0から 0-0から - Thin Red Line を含むブックマーク

  • 世界最強リーグ・レガカルチョ・セリエBへようこそ

カルチョポリ裁判の判決はユヴェントスは04-05、05-06のスクデット剥奪 + 30ポイント剥奪、フィオレンティーナは12ポイント剥奪 、ラツィオ は7ポイント剥奪でそれぞれセリエB降格、ミランはセリエA残留ながら15ポイント剥奪 + チャンピオンズリーグ出場権剥奪。なお判決の確定は7/24で、上訴期間は5日間に設定。

ユヴェントス:セリエB降格、04-05、05-06スクデット剥奪、30ポイントのペナルティ

ルチアーノ・モッジ:活動禁止5年

アントニオ・ジラウド:活動禁止5年

ACミランUEFAチャンピオンズリーグ出場権剥奪、15ポイントのペナルティ

ミニ・ミー:活動禁止1年 + 罰金5万ユーロ

レナルド・メアーニ:活動禁止3年6ヶ月 + 罰金2万ユーロ

フィオレンティーナ:セリエB降格、12ポイントのペナルティ

アンドレア・デッラ・ヴァーレ:活動禁止3年6ヶ月

ディエゴ・デッラ・ヴァーレ:活動禁止4年

ラツィオ:セリエB降格、7ポイントのペナルティ

クラウディオ・ロティト:活動禁止3年

FIGC関係

フランコ・カッラーロ前会長:活動禁止4年6ヶ月

インノチェンツォ・マッツィーニ前副会長:活動禁止5年

審判協会

パオロ・ベルガモ任命担当:追って通知

ピエールルイジ・パイレット:活動禁止2年6ヶ月

トゥリオ・ラネーゼ会長:活動禁止2年6ヶ月

ジェンナーロ・マッツェイ副コミッショナ:活動禁止1年

ピエトロ・インガルジョラ・オブザーバー:厳重注意

主審関係

マッシモ・デ・サンティス:活動禁止4年6ヶ月

パオロ・ドンダリーニ:活動禁止3年6ヶ月

ジャンルカ・パパレスタ:活動禁止6ヶ月

パスクアレ・ロドモンティ:無罪

パオロ・ベルティーニ:無罪

ドメニコ・メッシーナ:無罪

ジャンルカ・ロッキ:無罪

パオロ・タリアヴェント:無罪

副審関係

クラウディオ・パグリージ:活動禁止1年

ファブリツィオ・バビーニ:活動禁止1年

ジョヴァンニ・コボッリ・ジリ:ユヴェントス会長

「奇想天外な判決で本当にありがとうございます。これは法に感情を持ち込むという著しくバランスを欠いた裁定であると考えております。セリエBについては覚悟していましたが、30ポイントのペナルティとは実質的にセリエC1から始めるようなものです。これについては厳重に抗議します」

フィオレンティーナ広報

「不当そのものであり、あらゆる手を尽くして戦うと宣言する。我々は常に潔白であると主張して来たが、その考えは判決が出た後でも一切変わりはない」

  • 世界最弱リーグ・レガカルチョ・セリエAへようこそ

ユヴェントス、フィオレンティーナ、ラツィオのセリエB降格に伴い、メッシーナ、レッチェ、トレヴィーソの3チームがセリエAでプレーする模様。なおチャンピオンズリーグにはインテル、ローマ、キエーヴォ、パレルモが登録される予定。

来季はブンデスリーガでも見るか。ドイツのスタジアムは綺麗なところ多いし。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060715

2006-07-14-Fri16日目 このエントリーを含むブックマーク

フランク・リベリーって選手が

バイエルンからオファーされているんだそうで

ただこの人の場合、問題があるんですよ。

この人、出が不良でですね

読みたい本も読めないという位

語学に困った人なんですよ

問題児というレベルじゃないね。

どうやってガラタサライでやっていたのか

気になるところ。

そんな人がドイツやイングランドで活躍できるのか

まぁリヨンに移籍してもウリエと合うかどうか

保証できない。

リヨンはゴヴの移籍がなくなったら

ウィング余るのでリベリーの場所が減るわけでねぇ

バイエルンはルートを獲得できなくなりそうで

本当に役立たないクラブだ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060714

2006-07-13-Thu15日目

o-oから o-oから - Thin Red Line を含むブックマーク

その放送はちょっと待てラッツィ

カナル・プリュスに出演したジダン選手はマテラッツィ選手に母親や姉を侮辱されたと明らかにした模様。

ジネディーヌ・ジダン選手

「私の行為に弁解の余地はありません。ファイナルは放送を通じ20億~30億の方がご覧になったと聞いています。お子さんたちもかなりの人数が私の暴力行為を目撃したはずです。この場を借りて全てのお子さんに謝りたいと考えています。おじさんを許してください。さて私があのような行為に至った理由ですが、まずマテラッツィと緊迫したのはあの場面だけでした。試合を通して彼とトラブルになっていた事実はありません。映像を見れば判る通り彼は私のシャツを掴んでいます。そこで私は‘やめてくれないか。そんなにシャツが欲しければ試合が終わったらあげるよ’と申し出ました。そこから彼の罵声が始まりました。この場ではとても言われた言葉をそのまま口にすることは出来ません。ただ中身は私の母親と姉に関係するものでした。そのニュアンスは非常に粗暴で侮辱的なものでしたが最初は私も無視を決め込みました。ただ執拗に繰り返され、3回目で我慢の限界を迎え最終的には報復という行為に出てしまいました。私は男として聞くに耐えない言葉には行動をもって反論するのを選択します。とても聞き流すのは不可能でした。繰り返しになりますが私の行為は決して許されるものではありません。ですが私は全世界の方に謝罪はしても決してマテラッツィには謝罪しません。彼だけには私の謝罪を受ける権利はないんです。なぜなら彼に頭を下げるということは彼の発言を受け入れたことになるからです。彼だけはやられて当然のことをしたんです。私はその観点からは自分の行動は正しかったと感じています。引退の撤回?決めたものを覆す意志はありませんし、覆したいと願ったこともありません。もう答えは決まっているんです。今後は少し休養して、それから身の振り方を考えます」

マルコ・マテラッツィ選手

「オレはジダンの人種にも宗教にも政治信条にも言及していない。もちろん母親についても触れてない。オレは15でママを失っている。今でもそれを思い出すたび泣きそうになるくらいだ。彼の母親が入院しているのは当然知らないが、ただそういうことなら1日も早い快復を祈るばかりだ。ジダンについては常にオレの中のヒーローだった。最高のフットボーラーだと尊敬している」

フォローに必死

そのマテラッツィ大先生はジダン選手のMVP剥奪について「不当だ。ワールドカップで一番優れた選手は彼だよ」と太鼓叩きまくってる模様。

マルコ・マテラッツィ選手

「ジダンはベストプレーをしたからMVPって評価をされたんだろ?実際その通りだと思うよ。オレがヒーローと呼んだのは取り繕うためじゃない。現にオレのクローゼットにはユーヴェ時代の彼のシャツがある。オレがまだガウッチ一家へいた頃にゲットしたお宝さ。あの挑発については言葉で言い返されるのを予想していたけど、まさか頭突きが来るとは考えなかったな。とにかく大袈裟になりすぎじゃないのか?」

この問題は大変ですね。

FIFAが準々決勝でレイシズム反対の活動を行って

大失敗で終わったのだけは痛いですよ。

ドイツ大会についてブラッターは

「本当のワールドカップが戻ってきた、何もかもが素晴らしい」

って中間報告しちゃっているんですからねぇ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060713

2006-07-12-Wed14日目 このエントリーを含むブックマーク

毎度毎度論議を呼ぶFIFAランキングでありますが

今回の改訂でいきなり日本は49位に落ちたとさ

日本のマイナス31って凄いな。しかしギニアって強いの?

Rank Team Pts:Jul 06 +/-Rank May 06 +/-Pts:May 06
1 Brazil 1630 0 803
2 Italy 1550 11 822
3 Argentina 1472 6 726
4 France 1462 4 713
5 England 1434 5 693
6 Netherlands 1322 -3 554
7 Spain 1309 -2 553
8 Portugal 1301 -1 551
9 Germany 1229 10 533
10 Czech Republic 1223 -8 451
11 Nigeria 1149 0 413
12 Cameroon 1109 3 387
13 Switzerland 1028 22 380
14 Uruguay 985 8 296
15 Ukraine 961 30 352
16 USA 933 -11 177
17 Denmark 927 -6 191
18 Mexico 924 -14 166
19 Paraguay 915 14 262
20 Côte d'Ivoire 909 12 240
21 Colombia 902 6 221
22 Sweden 886 -6 177
23 Croatia 854 0 168
24 Guinea 850 27 253
25 Ghana 839 23 239
26 Romania 834 -1 149
27 Turkey 824 -13 98
28 Ecuador 821 11 190
29 Egypt 819 -12 111
30 Poland 809 -1 132
31 Tunisia 805 -10 112
32 Greece 780 -12 86
33 Australia 738 9 126
34 Russia 733 3 88
35 Senegal 726 -7 47
36 Serbia and Montenegro 724 8 114
37 Bulgaria 716 0 71
38 Honduras 695 4 83
39 Republic of Ireland 694 -8 23
40 Morocco 681 -4 35
41 Scotland 677 18 101
42 Peru 661 24 111
43 Bosnia-Herzegovina 660 20 99
44 Slovakia 659 -3 46
45 Costa Rica 636 -19 -47
46 Chile 630 18 73
47 Iran 624 -24 -62
48 Togo 622 13 53
49 Japan 615 -31 -90
50 Uzbekistan 606 10 35
Matches All international "A" matches
Result: Win-Draw-Defeat 3 points -1 points – 0 points
Importance of match 1 (friendly match) to 4 (FIFA World Cup™)
Strength of opponent Position in world ranking (no. 1 = 2.00, no. 30 = 1.70, no. 118 = 0.82 etc.) Formula: [200 - Position] / 100
Regional strength Based on results in last three FIFA World Cups (wins per confederation per match)
Period Last four years, gradual decline in importance of results: 100%- 50% - 30% - 20%
Number of matches considered per year Average points gained from all matches in last 12 months (minimum: 5 matches)
トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060712

2006-07-11-Tue13日目

0-0から 0-0から - Thin Red Line を含むブックマーク

ごっつぁんでした

マテラッツィ仕事でとんでもない終わり方となったジダン選手には同情や非難の声が寄せられている模様。

エメ・ジャケ氏

「なんとも言葉を失う瞬間だった。なぜあそこまで怒ったのか私にはわからん。ただ肉体的にも精神的にも限界を迎えていたのは間違いない。そういう状況で挑発され瞬間的に反応してしまったのだろう。彼にはそういう面があるのを知ってやったのかもしれんが、いずれにしても悲しい終わり方だ。こんな結末は見たくなかった」

ディディエ・クロード・デシャン氏

「ジズーが瞬間湯沸かし器であるのはセリエAの選手なら全員が知っている。おそらくマテラッツィからは随分と言われていたのだろう。それで限界を超えてしまったんだ」

クラウディオ・ラニエリ氏

「そりゃもうマテラッツィが聞くに堪えないことを言ったのは間違いないでしょう。あの異様な反応からすれば容易に察することが出来ます。しかし現役最後の試合で彼ほどのスターがあのような終わり方をするなんてまったく酷い話です。ジダンにはもっと相応しい終わり方があったはずです」

お前が言うなのフランク・ルブーフ氏

「マテラッツィがその筋の人間なのはわかった。きっと恐ろしいことを言ったに違いない。しかし彼が何を囁いたにせよジダンの反応は許せない。私は受け入れられないと思う。チームへの損害を考えたら決して許される行為ではない。まぁ、彼の一番悪い所が出たのかな」

フランツ・ベッケンバウア組織委員長

「内気で物静かな人間があそこまで激高するんだから相当に酷いことを言われたんだろう。しかし彼の行為がチームの足を引っ張ったのは疑いようのない事実だ。しかもキャプテンなんだからね。やはりその辺の自覚はあって当然だと思うよ」

ヨゼフ・ゼップ・ブラッター会長

「実に残念です。彼には孤高という独自のキャラクターがありましたが、その一方で常にチームに徹するプロ意識がありました。彼も悲しいでしょうが、私も悲しいです。私は彼の行為を肯定することは出来ません。しかし彼があのような行動に至った理由は理解できます」

ミカエル・シルヴェストル選手

「誰もあんな終わり方など想像していない。もちろん本人だってそうだろう。悲しいとしか言い様がないけど彼が創った偉大なフットボールは決して忘れ去られることはないだろう。人には時として自分で自分をコントロール出来なくなる瞬間があることも理解してあげなきゃいけない。それは誰にでも起きることだ」

ティエリ・ダニエル・アンリ選手

「ジズーに僕から声をかけるとしたら1つの言葉しかない。それは‘ありがとう’だ。僕だけじゃない。全ての人がそうであるべきだ。いったい誰がフランスをファイナルの地へ導いてくれたのか考えてみてくれ」

ウィリアム・ガラ選手

「イタリア人はいつもそうだ。常にペテン師なんだよ。本当に汚い。互いにフェアに力を出し尽くし合った結果として勝負がついたなら敗戦も受け入れられるけど、こういう負け方が一番腹立たしい。だけどイタリア人だったら当然そうだろうと世界の人間が知っている。きっと人類が滅びるまであんなことばっかやってるんだよ、あの国の人間は」

フィガロ紙『ブルースの夢は無惨に砕け散った』

「あのような愚かで不愉快な頭突きによって我々は言葉を失った。しかしそれでも我々は100試合以上に渡って国のために戦ったジネディーヌ・ジダンの美しいプレーに感謝せずにはいられない」

レキップ紙

ジネディーヌ・ジダンは自分を目標としている世界中の子供たちのためにも、なぜマルコ・マテラッツィの言葉にあのような報復をしたのか説明する義務がある。あの行為はスポーツにおける原理原則を踏みにじるもので、非常に愚かで取り返しのつかない失態だ」

AS紙『イタリアは勝った、そしてジダンは負けた』

MARCA紙『マテラッツィだけでなく我々にとっても腹に響く頭突きだ』

ジェチポシュポチタ紙 (ポーランド)

「そういう面も含めてファンはジダンを愛していた。人間には好い時もあれば悪い時もある。確かに彼はフットボールの王様かもしれない。しかし同時にマルセイユの裏町でボールを蹴り続けている永遠の悪戯小僧でもあるのだ」

アル・ワタン紙 (クウェート)

「カップはイタリアの手に渡りましたが、とにかく頭突きは野蛮な行為です」

ネプシュザヴァ紙 (ハンガリー)

「セミファイナル以降はユーロになってしまったわけで、これがヨーロッパで開催する意味になってしまう。何らかの驚きを期待していた我々だったが、結局勝ったのはイタリアだった」

デ・フォルクスクラント紙『ヒドい結末』

「頭のネジが1本飛んでしまったジダンのお蔭で誰もが首を傾げる奇妙な幕切れを体験することになった」

ザ・ガーディアン紙

「ジダンは別れの手紙のかわりに赤い紙をもらってピッチから消えてしまった。そして彼は引退する。花道を歩くはずがイバラの道を通って」

デイリーメール紙

「世界最高峰の技術を持つ偉大なフットボーラーとして晴れ舞台から消えるはずが、粗暴で野蛮なゴロツキとしても同時に記憶されるハメになった」

テロリスト呼ばわりしたことが原因らしいな。ガーディアンの情報によると。

やっぱりミネキたん情報を元にして原文拾ってくるべきかな。読める言語に関しては。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060711

2006-07-10-Mon12日目 このエントリーを含むブックマーク

これにて05-06シーズン終了ですね。

今季という言葉は06-07シーズンになるというのか。

そんなことより日程の発表すらまだなっていない

カルチョ・スキャンダルが

どうなるんだろうか?

一応、降格するとカンナバーロ、ザンブロッタ、エメルソンは

メレンゲスに移籍することになります。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060710

2006-07-09-Sun11日目 このエントリーを含むブックマーク

ユナイテッド、移籍獲得候補リスト

何だかなぁ。ロイ・キーン抜けた穴が痛いね。

ちゃっかり放出リストにあったフレッチャー。

  • セントラルミッドフィールド

ジェンナーロ・ガットゥーゾ

シュテファン・アッピアー

オーウェン・ハーグリーブス

ファン・ロマン・リケルメ

アルマン・プティ

マイケル・キャリック

ジレス・バーンズ

  • ウィング

フランク・リベリー

シモン・サブローサ

マキシム・カリニチェンコ

  • その他

トマス・クスチャク

フレディ・アドゥー

個人的にはガッツさんを希望で。

ただガッツさんの場合、攻撃の組み立ては上手でないからねぇ。

ハーグリーブスはその点良いが多分放出ないだろ。

現実的に来そうなのがキャリックか

だって、トットナムは先にゾコラ獲得しちゃったし。

ハーグリーブスはファン・ニステルローイとの交換条件の可能性がアリ

アッピアーもトルコ暮らしがイヤで移籍考えているとか

ガーナは象牙海岸なのに、宗主国イギリスで

英語喋れるんですよね。アッピアーはイタリアで長く活躍したけれど。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060709

2006-07-08-Sat10日目 このエントリーを含むブックマーク

FIFAの選出するオールスターチーム

Goalkeepers

Gianluigi Buffon (Italy), Jens Lehmann (Germany), Ricardo (Portugal)

Defenders

Roberto Ayala (Argentina), John Terry (England), Lilian Thuram (France), Philipp Lahm (Germany), Fabio Cannavaro (Italy), Gianluca Zambrotta (Italy), Ricardo Carvalho (Portugal)

Midfielders

Ze Roberto (Brazil), Patrick Vieira (France), Zinedine Zidane (France), Michael Ballack (Germany), Andrea Pirlo (Italy), Gennaro Gattuso (Italy), Francesco Totti (Italy), Luis Figo (Portugal), Maniche (Portugal)

Forwards

Hernan Crespo (Argentina), Thierry Henry (France), Miroslav Klose (Germany), Luca Toni (Italy)

かなり考えたような、考えてないような。

決勝が終わってから私はベストイレブンを考えますかね。

何せ64試合もあったんですよ。

決勝トーナメントだけで16試合あるんですよ。

エラいこっちゃ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060708

2006-07-07-Fri9日目 このエントリーを含むブックマーク

全然知らなかったのだがfifaも作っていたんだってね

グループリーグ敗退国で作るベストイレブン

ペトル・チェフ

エマニュエル・エブエ、ロベルト・コバチ、ネマニャ・ビディッチ、Y.P.リー

ナカータ、ドワイト・ヨーク、トマシュ・ロシツキー、パヴェル・ネドヴェド

ディディエ・ドログバ、マテヤ・ケジュマン

加えてサブに

カワグチ、ラディ・ジャイディ、ロベルト・アクーニャ、ミラン・バロシュ、ダド・プルショ

という中々クエスチョンマークの付けたくなる面子。

ビディッチ1試合も出場してないじゃん。予選の貢献から選んだらしいんだが、それで許されるのか。それからアフリカの選手が皆ビッグクラブ所属なのも怪しい。

敗退国と進出国の大きな差は、やっぱりセンターバックとセンターフォワードの面子によるところが大きいですかね。

やっぱり敗退した国はセンターバックが甘いという印象を持ったか、最後に決めきれなかったところの弱さと。

日本なんて論外ですよ。監督も論外で「体格差で世界に敵わなかった」ってそれをどうにかするのが組織であり戦術であり、采配だろと。ボケ。

個の力といいながら、ナカムーラが潰されまくっているのを何もできずに終わったクズ采配。余りにも甘すぎるバックライン。文句を書き出したら止まらない気がする。

とりあえず、言えることは日本は確実にアジアカップから弱くなった。アジア予選が、今後AAA予選になるか、パンパシフィック予選と中東・アフリカ予選になるとか考えてしまう。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060707

2006-07-06-Thu8日目

録画の話でスマンが

昨日の中継に関してはNHKよりTXだったな

試合後に端折ってカットしやがって

試合後オーシャンゼリゼ合唱

ロッカールームに帰るところまでのバルテズ

はしゃぎまくるギャラスとかの映像が

ナシですよ。ただ試合の解説はなぁ

今大会の開幕前にサッカー批評において

素晴らしい文章を書いていた

(だけど、優勝予想は見事に外れた)

反町康治だったんですよNHKは。

実況の内山アナは上手じゃないんですけどね。

で、TXの実況は小島アナで良いんですよ。

ただ解説が何故か浅野に加えて

ゾノがいたんで、NHKに集中しちゃったんですよ。

ハーフタイムでのトルシエタイムが好きじゃなかったし。

毎回、試合に加えてハーフタイムやハイライトまで入れてますから。

[] 8日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

久々に作ろうかね

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060706

2006-07-05-Wed7日目 このエントリーを含むブックマーク

ちょっと悲しいお話として

ギリシャサッカー協会がFIFAおよびUEFAから

締め出しを喰らったんですね。

理由としては政治的介入が現行法律では可能であるため。

サッカーと政治は違うモノですからね

ただ、ギリシャというのはですね

2004年の欧州選手権王者だし

オリンピアコス、パナシナイコスといった有名クラブ

それに、来季のチャンピオンズリーグ

決勝の地は、アテネだろ。

スピロス・ルイス、現在名アテネ・オリンピスキスタジアム。

1994年に、ACミランFCバルセロナを虐殺した有名な場所。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060705

2006-07-04-Tue6日目 このエントリーを含むブックマーク

欧州の4ヶ国が準決勝というのは

1982年のスペイン大会以来ということだそうで

ポーランド、西ドイツ、イタリア、フランスと

ボニェク、ルンメニゲ、ゾフ、プラティニか。

開催国のスペインは2次リーグ敗退なんですね。流石。

で、南米はといえば2次リーグで敗退

共にイタリアと同組の巴戦

ジェンティーレがマラドーナを抑え込み

ブラジルはテレ・サンターナの攻撃的姿勢が裏目に沈む

そして準決勝ではドイツが不屈のゲルマン魂でフランスを下す。

しかし、優勝はイタリア。立役者はパオロ・ロッシ。

彼が八百長疑惑に巻き込まれ出場停止から帰ってきての活躍。

思えば1968年の欧州選手権といい

イタリアは何かバックボーンがあると強い。

クラブチームだって、そんな感じで

2003年のチャンピオンズは感動したなぁ。

今回のカルチョ・スキャンダルが全部ドッキリだったら

いいのになぁ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060704

2006-07-03-Mon5日目 このエントリーを含むブックマーク

デビッド・ベッカム選手が主将の座を退任と

彼が主将になったのはちょうどイングランドが混迷していたとき

そしてキャプテンとなり、監督はエリクソンとなり

彼はギリシャ戦で最終的にフリーキックを決めてW杯出場。

ただW杯前にドゥシェルキックで骨折

本大会は完調ではなかったが、それなりに。

そして優勝が期待された欧州選手権

悪夢のPK失敗。彼にPKは悪夢としか言いようがない。

予選のトルコ戦、まだあのときはジョークで流すことが出来た

フランス戦、決めていれば大逆転負けはなかっただろう

ポルトガル戦、痛すぎる一人目としての失敗。

今回のチームは低調のパフォーマンスの中で

彼のキックから3勝確保することはできた

ありがとう。次のスイス・オーストリア大会はどうなるんだろう?

ジダン、フィーゴ、ネドヴェドとかのいなくなる

随分様変わりする大会だな。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060703

2006-07-02-Sun4日目 このエントリーを含むブックマーク

ここ最近の移籍のネタで

メキシコ代表の選手が

VfBに行くってネタがあるんですよ

この前まではオソーリオだったんですが、

今度はパルドですよ。

来季のブンデスの外国籍枠が無くなるのは承知ですが

メキシコを狙うのか。面白い。

メキシコ代表は国内リーグの選手中心で作ったチーム

ただメキシコが強くなったのはリベルタドーレス出場も大きなモノですよね。

それにアルゼンチン人筆頭に外国人も来ると。

ブンデスのチームは昔からスカウトが上手い

有名なのはレバークーゼンですけれど

ブレーメンやシャルケだって悪くない

逆に育成が上手いクラブってのもあるからねぇ

メンヒェングラートバッハ、ケルンとか

それから若手が大量に伸びてきているのがドルトムント

残念ながらガンビーノは移籍しちゃったが。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060702

2006-07-01-Sat3日目 このエントリーを含むブックマーク

ジェローム・ルロワ選手がこの度

ソショー・モンベリアールに移籍したんですけどね

ええ、あの元PSGの選手ですね

で、それまでどこにいたかって、ベイタル・エルサレム

ちょっと驚いてしまいましたよ。

というかどこのチームなのかアルファベットだけで分からなかった。

PSGといえば、補強はウワサだけでランドロー以外

めぼしい選手は取らずに放出はしっかりしている。

どうなるんですかねぇ、来季も。

パリとマルセイユが強くないフランスリーグは

何か寂しいのよね。このままなら、まぁおそらく6連覇。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060701

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。