Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-06-10-Sat12日目 このエントリーを含むブックマーク

ヴァンサン・コンパニーといえば

アンデルレヒトで17歳でトップデビューし

そのまま17歳のうちに代表デビュー。

才覚故にチェルシーを筆頭にオファーが来ていた

そんな彼が移籍を断った理由は

彼が大学に通っているからという理由だったが

ハンブルクなら移籍できるんかいという

何だか呆れと憤りを隠せない

そしてこの移籍は、

次にダニエル・ファン・ブイテンが移籍する

ということを前提にしているというが

物凄く腹が立ってしまっている

バイエルンがドイツで嫌われるのは

国内のライバルから選手を掠攫うからでしょうが。

全く。腹が立つ。

結局、センターバックの前所属は

バイヤー・レヴァークーゼン

ヴェルダー・ブレーメン

ハンブルガーSV

ということになるんですよ。呆れる。

とはいえ海外から来た選手って

ローター・マテウスしかいないのかもしれない

二律背反と相互矛盾のあるクラブだ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060610

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。