Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-06-01-Thu3日目 このエントリーを含むブックマーク

ロマン・アブラモビッチオーナーは100年帝国宣言をした今季

結局、取ることが出来たのはプレミアリーグのタイトルのみ

オーナーはどうしてもビッグイヤーが欲しくて仕方がない

というわけで攻撃的な選手に目がいってしまう。

ピーター・ケニオン最高取締役は

勝つなら中盤の優秀な選手だということで

中盤の選手を国外から拾い集めようとする

そんな中でジョゼ・モウリーニョというマネージャーは

自分の帝国を長く続けようと思うから

若くて素質の有りそうな選手を獲得しようとする

そんな中で問題はFWですよね。

アブラモビッチオーナーはグジョンセンを信用しているが

得点のためにはやっぱりシェフチェンコが良いという手段。

得点の為にクレスポも獲得したのであって

そこで気になるドログバさん

彼の獲得を熱望したのはジョゼである。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060601

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。