Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-05-17-Wed22日目

0-0の記事を見て知った話だが、

ワルター・ゼンガってまた移籍したのね。

カタールのアル・サード。

彼は昨季のuefa杯でステアウア・ブカレストでバレンシア相手に勝った名将。

で、今季はレッドスターに移籍したのは知っていたが

忙しい男だね。

元、インテルの名GKですね。1990年のアズーリGK

そんな彼に指導を受けたヴラディミール・ストイコヴィッチは

プラーヴィの代表にも初招集されましたね。

まだU-21カテゴリーの選手なのに。

そして来季のナントでの活躍を期待しますよ。

ペトル・チェフ同様に発展を

ストイコドッコイ

シーズン・ダブルに貢献したストイコヴィッチ選手をナントへ売ったことで5人の役員が抗議辞任する事態に発展してしまったツルヴェナ・ズヴェズダのストイコヴィッチ会長は「収入を獲るにはこれしかないんだ」と説明している模様。

ドラガン "PIXY" ストイコヴィッチ会長

「ウラディミールに限らずどんな選手でも売りたくはない。しかし我々がまとまった収入を獲るにはこれしか方法がないんだ。そうやって次の選手に投資をしていくことが生き残る唯一の道だと言える。文句があるなら代案を持って来い」

コーチ募集中

ゼンガ・コーチが巨額の年俸につられてカタールへ逃亡してしまい凄く困っているピクシーは、ツルヴェナ・ズヴェズダで腕を振るってくれるタフなコーチを募集中。今のところ目星をつけたのは元代表コーチのイリヤ・ペトコヴィッチ氏。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060517

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。