Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-04-30-Sun5日目 このエントリーを含むブックマーク

正直なところ、チェルシーはどうなるかワカラン。来季の話。

個人的には、もうちょっと攻撃が上手なチームになってほしい希望。

やっぱり攻撃的に仕掛けても最強じゃないと、欧州最強は遠い。

というわけで、次の話は補強ですね。

補強はまぁ誰かくるということで

放出の方が楽しみな最近の話。

例えばリカルド・カルバーリョ

彼はポルトガル代表ということもあって7月以降争奪戦。

彼を一番欲しがっているのはレアル。

それから、ディディエ・ドログバ

彼みたいに前でボールを安定できるFWは大きな武器。

コンスタントに出場することを希望する彼に

オランピック・リヨネーの移籍が叶うなら良い話じゃないか?

勿論、ヨン・カリューがいなくなるのはちょっと悲しいが。

そんなこんなで思ったのは

優勝するチームはケガ人が出ないことが最良の条件だが

チェルシーの場合、選手層を厚く考えすぎて

何か機能しない。

バルサの選手層と比べると何か違う。

金額に見合った結果になっていないし。

今季優勝がバルサじゃなくて、アーセナルだったら

結論を評論家は何と書くのだろう?

「ガナーズの若手と言っても代表選手ですから」

(ガナーズで代表じゃないのはフラミニだけです)

くらいの言葉でしょうか。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060430

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。