Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2006-03-29-Wed8日目 このエントリーを含むブックマーク

会長が、会長がである。

レアル・マドリード新会長のフェルナンド・マルティンが

発表した新監督候補の7名

ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー

ファビオ・カペッロ(ユヴェントス、元レアル・マドリード

ラファエル・ベニテス(リヴァプール、元カスティージャ)、

アーセン・ヴェンゲルアーセナル

カルロ・アンチェロッティ(ミラン)

マルチェロ・リッピ(イタリア代表)

スヴェン・ゴラン・エリクソン(イングランド代表)

この中で、来季の予定がないのはエリクソンだけですね。

前にベニト・フローロGMが監督に推薦したのはベルント・シュスターで、それを突っぱねちゃったから。

ヘタフェはバルサ相手に非常に良いサッカーをしていたのにねぇ。

しかもシュスターは元レアルのスターでもあるのにねぇ。

シュスターは海外で一応の実績を持っているのにねぇ。

ただエリクソンでもシュスターでも勝てる見込みは少なくて

一番頑張らなきゃ行けないのはバルダーノなのに

ヤツはメキシコで大事故に!!

船出は大変だ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20060329

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。