Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2005-10-15-Sat26日目

オトマール・ヒッツフェルト氏が2005年7月1日以降の監督復帰を示唆した。

ヒッツフェルト氏といえば、欧州でも2人目の監督として2チームでビッグイヤーを経験。

ボルシア・ドルトムントおよびバイエルン・ミュンヘンである。

バイエルンでは1999年の決勝も率いている。

しかし、7月1日だとW杯で早々敗退した代表という可能性もなきにしろあらず。

おそらくクラブチームだと思うが。本当にどこなんでしょう。

彼を最近、チャンピオンズリーグマガジンで見た。

彼の解説は非常に理知的で良い。

一応バイエルン・ミュンヘンを優勝候補の一つに挙げていた。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051015

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。