Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2005-10-31-Mon42日目 このエントリーを含むブックマーク

気づいたらハーツことハート・オブ・ミトロシアンが敗戦。

勝ったのは名門、ハイバーニアンだが、今季はそんなに強くない。

これは同じエジンバラだったからだろうか。

とにかく、今季、スコッティッシュ・プレミアの放送。

セルティックばかりで面白くない。

何故に、ハーツ対レンジャーズの放送も無かったのやら。

ハーツの敗因、やっぱり監督解任のせいですかね。

ヤンカウスカス選手が退場したらしいが。

ロマノフオーナーの独断によるチーム。

3年以内の欧州制覇に向けて、新監督は誰よ?

サー・ボビー・ロブソン、クラウディオ・ラニエリとか

名前が挙がっているけれども。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051031

2005-10-30-Sun41日目

スカパーはアホですか。リヨンの放送カード生じゃない。

しかも、未だにシャルケ対フェネルを放送する気はないようで。

それからW杯予選のプレーオフも適当な放送で終わっとる。

スペインの放送はないわ、チェコの第2戦もないわ。

41日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

というわけで放送カード

11/1 (火) 28:30 F:ローゼンボリvsレアルマドリード 182

11/1 (火) 28:30 E:PSVvsミラン 183

11/1 (火) 28:30 G:ベティスvsチェルシー 184

11/1 (火) 28:30 G:リバプールvsアンデルレヒト 185

11/1 (火) 28:30 H:インテルvsポルト 308

11/2 (水) 25:00 E:シャルケvsフェネルバフチェ 183

11/2 (水) 25:00 F:オリンピアコスvsリヨン 184

11/2 (水) 25:00 H:アルトメディアvsレンジャーズ 182

11/2 (水) 28:30 C:バルセロナvsパナシナイコス 182

11/2 (水) 28:30 B:アーセナルvsスパルタプラハ 183

11/2 (水) 28:30 A:ユベントスvsバイエルン 184

11/2 (水) 28:30 D:リールvsマンチェスターU 185

11/3 (木) 21:30 B:トゥンvsアヤックス 308

11/3 (木) 25:00 A:ブリュージュvsラピドウィーン 183

11/3 (木) 25:00 D:ベンフィカvsビジャレアル 184

11/3 (木) 25:00 C:ブレーメンvsウディネーゼ 185

<プレーオフ初回放送予定>

11月12日(土)27:15 [Ch.186] ノルウェー vs. チェコ ※生中継

11月13日(日)07:55 [Ch.307] ウルグアイ vs. オーストラリア ※生中継

11月16日(水)17:30 [Ch.186] オーストラリア vs. ウルグアイ ※生中継

11月16日(水)27:00 [Ch.186] トルコ vs. スイス ※生中継

[] 41日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

  • ブラジル代表

GK:ジダ(ACミラン)、ジュリオ・セザール(インテル・ミラノ

DF:ルシオ(バイエルン・ミュンヘン)、ロッキ・ジュニオール(バイヤー・レヴァークーゼン)、ジュアン(バイヤー・レヴァークーゼン)、ルイゾン(ベンフィカ・リスボン)、エジミウソン(FCバルセロナ)、

カフー(ACミラン)、ロベルト・カルロス(レアル・マドリード)、シシーニョ(サンパウロFC)、グスタボ・ネリー(コリンチャンス)

MF:ロナウジーニョ(FCバルセロナ)、カカ(ACミラン)、エメルソン(ユヴェントス)、ゼ・ロベルト(バイエルン・ミュンヘン)、ジュニーニョ・ペルナンブカーノオランピック・リヨネー)、ジウベルト・シウバ(アーセナル)、リカルジーニョ(サントス)

FW:アドリアーノ(インテル・ミラノ)、ロビーニョ(レアル・マドリード)、リカルド・オリヴェイラ(レアル・ベティス・バロンピエ)、フレッジ(オランピック・リヨネー

  • アルゼンチン代表

GK:レオナルド・フランコ(アトレチコ・マドリード)、ロベルト・アボンダンシエリ(ボカ・ジュニアーズ)

DF:ロベルト・アジャラ(バレンシア)、ワルテル・サムエル(インテル・ミラノ)、ファブリシオ・コロッチーニ(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)、ガブリエル・ミリート(レアル・サラゴサ)、マルティン・デミチェリス(バイエルン・ミュンヘン)、ハビエル・サネッティ(インテル・ミラノ)、ディエゴ・プラセンテ(セルタ・デ・ビーゴ)

MF:ファン・ロマン・リケルメ(ビジャレアル)、エステバン・カンビアッソ(インテル・ミラノ)、ルチョ・ゴンザレス(FCポルト)、ファン・パブロ・ソリン(ビジャレアル)、マキシ・ロドリゲス(アトレチコ・マドリード)、セバスチャン・バグダリア(ボカ・ジュニアーズ)、マリオ・サンターナ(チッタ・ディ・パレルモ)、ダニエル・ビロス(ボカ・ジュニアーズ)

FW:エルナン・クレスポ(チェルシー)、ハビエル・サビオラ(セビージャ)、リオネル・メッシー(FCバルセロナ)、カルロス・テベス(コリンチャンス)、フリオ・リカルド・クルス(インテル・ミラノ

南米の両雄。やはり監督のせいなのか、差異がはっきりと感じられる。しかし、クルスの復帰は何とも嬉しい話だ。2002年の2月以来だそうで。それからエジミウソン選手の復帰も大きい。残念ながら未だバルサの試合を見る限りトップフォームではないけれど。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051030

2005-10-29-Sat40日目

40日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

0-0から

  • 何を考えてるんでしょうかね

クライシスなチーム状況について質問されたポンペイのマンダリッチ会長は「ハリー・レドナップがマネージャーで、アラン・ペランがアシスタントっていうのが理想だったんだけどな」などと口走ってる模様。

    • ミラン・マンダリッチ会長

「アラン・ペランのような超一流のコーチがいたらハリーは残ってくれたかもしれない。ハリーは生粋のマネージャーだし、ペランはマネージャーというよりコーチのタイプなんだ。この2人が組めば凄いチームになったと思う。しかし残念ながら様々な誤解があってハリーは去ってしまった。だが私はハリーについて何も悪い感情は抱いていない。彼ほどのユーモアーある紳士をなぜ憎めるのかね。食事でもというのなら喜んで私がお代を出そう」

    • ハリー・レドナップ・コーチ

「ミランとは先週話をしたよ。とても楽しかったな。確執?そんなものはないよ。人生はそんなくだらんものを抱えておくには余りにも短いものだ。長い付き合いの中では誤解はつきものと言ってね、あの時は2人とも間違っていたんだよ。今なら喜んでディナーを共に出来る。もちろんミランがおごってくれるっていう条件付きだけどね (笑)」

ペランといえば、マルセイユの監督にもなった人だが、この人の経歴は教師だったけど、サッカーの監督になりたいからコーチングライセンスを着々と取った人。結局、プロ選手としての実績がないから柔軟性に欠ける采配。動き回る選手を好み、ダニエル・ファン・ブイテンが得点を決めるスタイルと。

彼のおかげで活躍できなかった選手というのがステーブ・マルレとアーメド・ミド・ホッサム。

40日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

再び0-0 ちょっと感動した。

  • レアル・サンマリノ

GK1:インテルだってあの通り

DF2:アーセナルも調子が悪い

DF4:ユナイテッドなど論外

DF18:シュトゥットガルトはとうに終わった

DF6:モナコなんてコーチが逃げた

DF3:アスレティックはいよいよだし

MF12:リーガプールは世界の笑い者

MF21:レインジャースは悲惨を通り越し

MF14:ローマにゃハナっから明日はなく

MF10:マインツも今シーズン限りかな

FW7:それに比べりゃボクらはまだまだラッキーさ

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051029

2005-10-28-Fri39日目

やっと買いましたよ 今回のChampions日本版

翻訳作業をする人間の数が少ないんじゃないですか?

[] 39日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

GK:エドウィン・ファン・デル・サール、ヘンク・ティマー、マールテン・ステケレンブルフ、オスカル・ムーンス

DF:カリド・ブラールズ、バリー・オプダム、ビルフレッド・ボウマ、ロン・フラール、セルジーニョ・フレーネ、

ヤン・クロンカンプ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、ナイジェル・デ・ヨンク、テオ・ルシウス、アンドレ・オーイェル、ティム・デ・クレル、ウルビー・エマヌエルソン

MF:フィリップ・コクー、ヘドウィゲス・マドゥロ、ダニー・ランツァート、ラファエル・ファン・デル・ファールト、ウェウズレイ・スナイデル、エドガー・ダーヴィッツ、オラフ・リンデンベルフ、ジョージ・ボーテング、マルコ・ファン・ボメル、イブラヒム・アフェライ、

FW:ルート・ファン・ニステルローイ、アリエン・ロッベン、ディルク・カイト、ロビン・ファン・ペルシー、ライアン・バベル、ロメオ・カステレン、ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク、ロイ・マカーイ

後はアンディー・ファン・デル・メイデ選手の復帰だけですよ。この面子から思うことは。

思えばアンディー選手はアヤックス選手だったんですけどね。どういうことだか。インテルに移籍してクーペルが監督の時は良かったんだ。あのころはサイドアタッカーを重視していたから。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051028

2005-10-27-Thu38日目 このエントリーを含むブックマーク

バロンドール候補50名のリストを見て、カペッロコーチはこう言ったらしい。

デルピエロ選手とジャンルカ選手いないじゃん、おかしくね?

その二人が候補に入ると、ユヴェントス、候補者11人になるんですけど。

しかも、デルピエロ選手はズラタン選手とのポジション争いの都合、控え。

右サイドバック以外バロンドール候補というのはどういうもんなんでしょうな。

銀河系とか金満集団というより良い表現なのかもしれないけれど。

ちなみに、カペッロコーチはバロンドールの予想に関して

チームのために尽くす男が私の好みだ。だからマルディーニだ

自分のチームの選手は評価しないのね。マルディーニ選手は昔指揮したクラブだけど。


バロンドール候補50名のリストを見て、ガザエフコーチはこう言ったらしい

ウチら、uefa杯王者なのに、誰一人なしか。おかしくね?

バロンドールを選出するのはフランスフットボール誌ですから。

それにバロンドールの候補は確認しますけど、

イングランド、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ

からしか出てません。uefa杯を言うならチャンピオンズリーグも確認し直したい。

だってPSVやAZの選手だっていないでしょ?

オランダから移籍したパーク選手とファン・ボンメル選手は半分疑わしいが。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051027

2005-10-26-Wed37日目

ハリル・アルティントップ選手が今季限りで退団するらしい。

1.FCカイザースラウテルンであるが、現在彼は得点王。

トルコ代表のFW、でもドイツ生まれドイツ育ちの選手。

彼は双子でハミト・アルティントップという選手がいる。

というわけで、移籍先はハミトのいるシャルケ04が有力視されているが。

カイザースはチリアコ・スフォルツァ選手と契約を切ってしまったり大変な状態と。

スフォルツァ選手は、昇格後即優勝の立役者なんですけどね。

カイザースのFWと言えば、ミロスラフ・クローゼ選手を思い出した。

双子の選手か、やはり私の時代は、デ・ブール兄弟ですね。

フランク・デ・ブールとロナート・デ・ブール。

37日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

今日も0-0

  • そう来なくっちゃ

規律委員会にありとあらゆる資料を提示したレアル・サンマリノは、若旦那の2枚目のカードはダウデン・イバニェス主審の誤った解釈であるとの結論をゲットした模様。

  • 差し引きゼロじゃねぇか

せっかくデポル戦に若旦那が使えるようになったのに、鼠径部の痛みでジダン選手を欠くことになってしまったレアル・サンマリノであった。なお試合当日のサブメンバーは「お前は誰なんだ」という名前ばかりになる模様。

    • ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ・コーチ

「ジダンのパフォーマンスを非難する者はフットボールも知らなければ偉大な人物への敬意すら知らぬ愚か者だ。ペレだってマラドンだってクライフだって不振に陥ることはあったが必ず復活して来た。ジダンだって同じだよ。彼は必ずベストな自分を取り戻す。そもそも引退しろなどと罵声を浴びせる者に限って、いざそうしたら‘彼の決断は間違ってる’なんてボザく風見鶏なんだよ」

  • そりゃ国家の看板クラブですから

ビデオ証拠では明らかにクルチャガ選手に引っ掛けられているにも関わらずダイブを理由にタルヘタ・アマリージャが出たメッジ選手による無実の訴えが却下された事実にバルセレソンは「ベッカムばかりズルい」と怒り狂ってる模様。

    • チャヴィエル・エルナンデス・クレウス "チャヴィ"選手

「どうしてレオの無実が認められないのか全く理解出来ない。確かにファウルで倒されているんだ。僕はそれを直接見たし、ビデオにもそう映っている。そもそもレオはファウルをもらうためにわざと倒れるような不誠実なことはしないよ」

    • フランク・エドマンド・ライカールト・コーチ

「誰が見てもディフェンダーとの接触があったわけだから規律委員会がくだすべき結論は1つだけだったと思うよ」

ちなみにベッカム選手復帰により予想メンバーはウッドゲイト、セルヒオ・ラモスのセンターバックで、エルゲラがボランチという話。ディオゴが右のサイドバックと。

お前は誰だ候補は、フラド選手やバラル選手、ソルダード選手あたりですかな。本当に知っておきたい選手だ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051026

2005-10-25-Tue36日目

36日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

0-0から

  • もうダメだぁ~

ミッドウイークにリアソールでのデポルティヴォ戦なんぞを組まれてしまった怪我人とサスペンションでヨロヨロなレアル・サンマリノは、ウッディをセンターに入れ、セルヒオ・ラモス選手をサイドバックに戻し、サイドバックのディオゴ選手を若旦那の位置に上げるらしい。しかし今のへなちょこなデポルの攻撃だったらどうにか3失点ぐらいで済みそうな気も。

ちなみに組まれた理由はスペインのW杯プレーオフね。

レアルAのミッドフィルーダー登録は6名、うち3名が出られないとはどういうチームじゃ本当に。

ところが余っているポジションが右のサイドバック。何とも変なクラブ。

ベッカムさんのポジションは、ミニャンブレスならやっても面白いが、ディオゴか。残念な。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051025

2005-10-24-Mon35日目

W杯に出られない国ってのはあるけれど、

出られない選手っているじゃないですか。

せっかく出場している国なのに。

近年、有名なのはロマーリオですかね。

2002年は規律を乱すからという理由。

予選では最多得点だったのに。

彼のような場合と違って、規律も守れてクラブの実績があっても出られない選手。

例えばロイ・マカーイみたいな選手を集めれば、

アルヘン、セレソン、オランジェ、アズーリ、イスパニア

この辺の国なら2軍でもチームが作れて、おそらくアジアの国より強い。

[] 35日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

アルファベット順

Adriano (Internazionale), Michael Ballack (Bayern Munich), David Beckham (Real Madrid), Gianluigi Buffon (Juventus), Mauro Camoranesi (Juventus), Fabio Cannavaro (Juventus), Jamie Carragher (Liverpool), Petr Cech (Chelsea), Gregory Coupet (Lyon), Cris (Lyon), Deco (Barcelona), Dida (Milan), Didier Drogba (Chelsea), Emerson (Juventus), Michael Essien (Chelsea), Samuel Eto'o (Barcelona), Luis Figo (Internazionale), Diego Forlan (Villarreal), Luis Garcia (Liverpool), Steven Gerrard (Liverpool), Thierry Henry (Arsenal), Zlatan Ibrahimovic (Juventus), Juninho (Lyon), Kaka (Milan), Frank Lampard (Chelsea), Roy Makaay (Bayern Munich), Claude Makelele (Chelsea), Paolo Maldini (Milan), Pavel Nedved (Juventus), Michael Owen (Newcastle), Park Ji-sung (Manchester United), Andrea Pirlo (Milan), Raul (Real Madrid), Juan Roman Riquelme (Villarreal), Arjen Robben (Chelsea), Roberto Carlos (Real Madrid), Robinho (Real Madrid), Ronaldinho (Barcelona), Ronaldo (Real Madrid), Cristiano Ronaldo (Manchester United), Wayne Rooney (Manchester United), Andrei Shevchenko (Milan), John Terry (Chelsea), Lilian Thuram (Juventus), David Trezeguet (Juventus), Marc van Bommel (Barcelona), Ruud van Nistelrooy (Manchester United), Patrick Vieira (Juventus), Xavi (Barcelona), Zinedine Zidane (Real Madrid).

国別

Brazil:Adriano,Cris,Dida,Emerson,Kaka,Juninho,Roberto Carlos,Robinho,Ronaldinho,Ronaldo

England:Beckham,Carragher,Gerrard,Lampard,Owen,Rooney,Terry

France:Coupet,Henry,Makelele,Thuram,Trezeguet,Vieira,Zidane

Italy:Bufffon,Camoranesi,Cannavaro,Pirlo,Maldini

Netherlands:Makaay,Robben,van Bommel,van Nistelrooy

Portugal:Deco,Figo,Ronaldo

Spain:Garcia,Raul,Xavi

Czech:Cech,Nedved

Ballack,Drogba,Essien,Eto'o,Forlan,Ibrahimovic,Park,Riquelme,Shevchenko

クラブ別

Juventus:Buffon,Camoranesi,Cannavaro,Emerson,Ibrahimovic,Nedved,Thuram,Trezeguet,Viera

Chelsea:Cech,Drogba,Essien,Makelele,Robben,Lampard,Terry

Real Madrid:Beckham,Raul,Roberto Carlos,Robinho,Ronaldo,Zidane

Milan:Dida,Kaka,Pirlo,Maldini,Shevchenko

Barcelona:Deco,Eto'o,Ronaldinho,van Bommel,Xavi

Manchester:Park,Ronaldo,Rooney,van Nistelrooy

Lyon:Coupet,Cris,Juninho

Liverpool:Carrager,Garcia,Gerrard

Inter:Adriano,Figo

Bayern:Ballack,Makaay

Villarreal:Forlan,Riquelme

Henry,Owen


好みがはっきり出ていますね。リーグなんて欧州には5個しかないんだよ。

個人的に驚いたのはアルゼンチン人選手がリケルメ選手しかいなかったことですね。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051024

2005-10-23-Sun34日目

アフリカネーションズカップの日程が発表された。

今回の会場は、アーメド・ミド・ホッサム選手で有名なエジプト。

毎度のことながら1月から2月という非常に大変な時期にやってくれる。

欧州の、特にフランスやドイツのクラブは大変である。

一番大変なのはアフリカ人のGKが守るクラブである。

アヤックス、リール、エスパニョールが挙げられる。

特にリールというのはチャンピオンズリーグもあるわけだ。

セネガル代表のトニー・シルバであるが、元ASモナコ。

モナコが躍進したシーズンは控えに甘んじていたけど。

----

アフリカ人選手の特徴は、多くは青田買いということ。

10代から欧州に行って、ユースシステムで育ち、

若い内から、ユース年代の代表から始まってA代表まで昇格し

クラブでも気づいた頃には活躍をしている。

一番の典型例はジョージ・ウェア、この手法でない方が珍しいラバー・マジェールくらいか。

特にウェアは素晴らしいFWだった。90年代を代表する名FW。

ASモナコのユースシステムで育ち、オランピック・マルセイユでビッグイヤー。

そしてACミランでバロンドールを受賞。未だにアフリカ人選手の受賞は彼のみ。

リベリア代表として、W杯に出ることはなかったわけだが。

そして現在、リベリア大統領選挙で頑張っていると。

[] 34日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

そろそろ構想も練り上がってきた。

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051023

2005-10-22-Sat33日目 このエントリーを含むブックマーク

フィリップ・トルシエがなんと、アイルランドの監督要請を受けたらしい。

何で、こんなヤツがと思ってしまう。

サー・アレックス・ファーガソンが監督で、アシスタントコーチにロイ・キーンとか、

ロイ・キーンが現役引退し、監督就任というウワサすら出ている。

ファギーに限っては、この後任にオトマール・ヒッツフェルトという名前すら

加えて、キーンのポジションにはドイツ代表ミヒャエル・バラックが来ると

何とまぁウワサも組み合わせると、一つの小説すらなる)

昔読んだ文章でこんな文があった。私もその通りだと思った。それは

トルシエの性格およびフラット3を中心とする戦術は

アフリカのようなサッカー後進国であれば成功する

日本には負の遺産をしっかりと残してくれた。

フランス代表監督に立候補したが、日本における評価は全くなく

その為にオランピック・マルセイユの監督に就任。実力を見せようとした。

しかし、結果は逆だった。彼は見事に才能の無さを露呈した。

そんな人間がアイルランドの監督にならないことを願うばかり。


ちなみにトルシエにはモロッコ代表監督の打診もあった模様。

モロッコ監督の対抗は、ディディエ・デシャン

確かにデシャンはASモナコの監督を辞任したわけだが、

モロッコといえば、かつてナンシー・ロレーヌで大活躍したムスタファ・ハッジ。

彼は今、何をやっているのだろう?

そして、彼こそ90年代に、フランス代表に入って欲しかった選手。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051022

2005-10-21-Fri32日目 このエントリーを含むブックマーク

日本代表が好きになれない。

好きになれない分、相手が魅力的であると

そっちを注目し、応援したくなる。

さすがにラトビアにはそれはできなかったが、

ウクライナは殆どの時間、ティモシュチェクに注目したように。

やはり注目や応援となると

一定の時間見ていることが前提条件となる。

アフリカの選手は殆ど見ることが無く

やっぱり欧州のチームと対戦してもらいたい。

私の日記における日本対ドイツの書きようは

明らかにドイツに偏った見方で

その後にドイツはこうしろああしろ云々まで書いたからな。

やっぱり評価となると次はフランスにどうこう言いたいが

強い国と当たりたいなら、イタリアかオランダ。

去年ならイングランドが絶対的に強かったんだがねぇ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051021

2005-10-20-Thu31日目 このエントリーを含むブックマーク

1954年のW杯優勝がもしハンガリーだったら。

1974年のW杯優勝がもしオランダだったら。


二つの違いはあるのだろうか?

共通点は優秀なタレントが揃い、

決勝で西ドイツに負けた国だ。

以後に、サッカーの歴史の主導権を西ドイツに取られた国だ。


ただ、2002年のW杯優勝がもしドイツだったなら。

これほど終わってしまうことはないだろう。

あのドイツは非常に弱々しかった。

歴史のifは前提条件を求める。


しかし、1954年のハンガリーは非常にアンハッピーだ。

当時、欧州及び世界最強はマジック・マジャールことハンガリーだった。

何せ五輪を優勝していたこともあって本命視されていた。

西ドイツはわざとグループリーグで大敗し楽な道を通って優勝した。

フェレンツ・プスカシュはケガで準決勝以後のピッチに立っていない。


オランダも不幸だ。74年は西ドイツがホームだった。

決勝の会場は、ミュンヒェンのオリンピア・シュタディオン。

逆転負けで幕を閉じた。ヨハン・クライフ、最初で最後のW杯

トータルフットボールは最後の最後に勝利を得られなかった。

この後、ドイツは栄華を極め、1976年欧州選手権も準優勝。


ドイツ、ドイツ、ガリー・リネカーのあの言葉いつに復活するのやら。

1990年の優勝以来、可能性がない。

1996年の優勝はイングランドかチェコに譲れば良かったんだ。

若手との世代交代が遅れたのは1996年の優勝のせいとも言われている。

1994年は若手との世代交代をせずに挑んだわけだし。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051020

2005-10-19-Wed30日目

どうも今季のチャンピオンズリーグ、面白味に欠ける。

特にグループによっては全てと言っていいくらい。

優勝候補は多くあるが、そうでないクラブがそれ以上にある。

差が顕著に出てしまうわけで、見応えがない。

結局、トーナメントからが本番という状況になってしまった。

そんなトーナメントすら、不必要に豪華だったり、逆だったり、

まして大失敗のFCポルトの優勝。

2次リーグをなくさければならなかったのは確かだが

チャンピオンズリーグが面白くなくなったのは2次リーグがなくなったから。

緊迫感はトーナメント、8チームからのほうが良い気がする。

ちなみに、今季の優勝候補は私の中では4つある。(開幕前は6つだったが)

これに準ずるクラブが4つある。可能性はこれに2つほど足してくれれば充分で。

----

キムチがセルビア・モンテネグロと試合をするらしい。

それは日本がトーゴなんかと試合する日に。

その4日前にはシナと試合をする予定。

日本の方がセルビア・モンテネグロに関してはパイプがあると思うのだが

どうやらそんなこともせず。

セルビア・モンテネグロとはちょっくら前に試合したからか?

その頃にはいなかった、素晴らしい選手が沢山いるのにねぇ。

レッドスター・ベオグラードのニコラ・ジキッチ。

あの長身は世界でも少数で、日本の3バック、粉砕ですよ。

もちろん、戦術に関しても堅守速攻。

日本とは比じゃない。奪ってから点までが本当に速い。

トーゴよりガーナだろと思うのは今日も同じ。


[] 30日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

「ベルンの奇跡」なる映画がもうすぐ公開される。

これは1954年のスイス大会が題材なのだが、これは奇跡と言うべきか?人為的なんだけどね。しかし、結果の集積が歴史なんだな。

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051019

2005-10-18-Tue29日目 このエントリーを含むブックマーク

ワールドカップ出場国で思い出したけど、アフリカ。

2002年の大会で面白かったのはセネガルとカメルーン。

この2ヶ国の特調は全て欧州のクラブに所属。

セネガルは全員フランスリーグで、

カメルーンはフランス中心にトルコ、スペイン、イングランド。

海外組云々と言っている日本もそんなことになりゃ、

海外組とか区別されること無いのにねぇ。

ところで、この2ヶ国はドイツでは見られない。

日本とガチンコでやったら、強そうなんだけどねぇ。

特にカメルーンのほうが。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051018

2005-10-17-Mon28日目

バカですか?

ウディネーゼ対ヴェルダー・ブレーメン = 録画

フェネルバフチェ対シャルケ04 = 録画

オランピック・リヨネー対オリンピアコス = 録画


どうするんですか?ヴェルダーがここで負けたらと窮地ですよ。

どうするんですか?アネルカ先生、調子良いですよ。

どうするんですか?3連勝しちゃいますよ。リヨン。

[] 28日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

ウソつき進行中。

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051017

2005-10-16-Sun27日目

ケニー・カニンガム、ロイ・キーンが代表引退を発表した。

アイルランドは加えてマット・ホランドの引退とのウワサもある。

アイルランドは残念な敗退をしてしまった。

ダブリンでの決戦。スイスとの戦いはスコアレスドロー。

アイルランド、スイス共に不本意な結果に終わってしまった。

アレクサンドル・フレイのシュートをシェイ・ギブンが1対1で止めたけど。

アイルランドは2004年の欧州選手権も予選落ち。

2002年のW杯はポルトガルに続いて2位。

オランダを蹴落としての2位である。

プレーオフに回ると、イランに競り勝って進出。

本戦前にロイ・キーンが代表辞退。

しかし、ドイツ戦で奇跡的な同点。

スペイン戦でも最後に追いつき、延長、PKまで持ち込んだ。

でも、欧州は厳しく、今回は敗退。

ロイ・キーン最後の大会と思われていただけに余計、残念。

[] 27日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

ウソつきな俺

というか、文句などない。

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051016

2005-10-15-Sat26日目

オトマール・ヒッツフェルト氏が2005年7月1日以降の監督復帰を示唆した。

ヒッツフェルト氏といえば、欧州でも2人目の監督として2チームでビッグイヤーを経験。

ボルシア・ドルトムントおよびバイエルン・ミュンヘンである。

バイエルンでは1999年の決勝も率いている。

しかし、7月1日だとW杯で早々敗退した代表という可能性もなきにしろあらず。

おそらくクラブチームだと思うが。本当にどこなんでしょう。

彼を最近、チャンピオンズリーグマガジンで見た。

彼の解説は非常に理知的で良い。

一応バイエルン・ミュンヘンを優勝候補の一つに挙げていた。

[] 26日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

そろそろ書きたい

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051015

2005-10-14-Fri25日目

個人的に思うのだが、サッカーってポジションの表現が多いよな。

セントラルハーフが一番多いと思うのだがこれは総じて役割から名付けられる。

ブリッジ、ボランチ、ピボーテ、アンカーマン、レジスタ

まぁこのあたり。

選手によってこれが誰とか言うわけではないが、役割の幅広さからすると

イングランドのサッカーはセントラルハーフに一番の重きが考えられ

最高のセントラルは一時期までロイ・キーン以外になかった。

現状はスティーブン・ジェラードだろうが

彼の場合、セントラルから一つ上までポジションを上げたりと、

システムだけで考えた場合

単にミッドフィールダーとかハーフとか

言った方が考えやすいのよね。

変な話、括りに入れて考えるほどサッカーって

バカなスポーツじゃないわけで。

25日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

0-0から

これでも飲みなさい

親会社バイヤー製薬に呼びつけられたレヴァークーゼンのお偉方は「今みたいな成績じゃ潤沢な予算など期待してもらっては困る。ベルバトフぐらい売れんのか?」と迫られ頭を抱えてしまったらしい。頭痛いならアスピリンでも飲めというオチを考えついたんだけど恥ずかしいからや~めた

バイヤーのオフィシャルビールであるBitburger、ハンブルガーに1万リットルもプレゼントしちゃったのよね。ハンブルガーのオフィシャルビールはHolsten Pilsener。バイエルンはPaulaner Brauerei(こっちが毎度のビールかけ用)、Kulmbacher Brauereiと2社(昔はErdinger)。

というか、まずこれにヒくだろ。ドイツはビールすら。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051014

2005-10-13-Thu24日目

トマス・ユンか。元スパルタ・プラハ。今はトラブゾンシュポル。

トマシュ・ロシツキー。エラいボレーシュート決めたようだな。これでチェコいけるかな。

マレク・ハインツ。これで行けるだら。プレーオフ。ルーマニアに悪いが。

パパドプーロス。パナシナイコスのFW。先制点。このままでは3位。

アルバニア、ガンガレ。ギリシャに勝ったんだし。

ミカエル・グラフガールト、そして立て続けにヨン・ダール・トマソン

トゥメール・メティンorz。またまた逆転。

アルバニア、ガンガレ。個人的にデンマーク>>>>>トルコ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051013

2005-10-12-Wed23日目

ヴァレリアン・イスマエルがドイツ代表になっても良いと表明したとのこと。

彼はストラスブールの生まれで、スペルのフランス語ではなくアルザス語で書いている。

Valérien Ismaëlですね。ウムラウト見たら分かるとおり、半分以上はドイツ人。

クリスタル・パレスにクラブ史上最高額で移籍。

それからRCランスで首位争い。その後ストラスブールを経て

ヴェルダー・ブレーメンへ移籍。

フランク・バウマンをセンターバックのポジションから押しやり

中心選手として、見事マイスターシャーレをも獲得。

ムラデン・クルスタジッチが移籍すると守備の中心となる。

そして、バイエルン・ミュンヘンに迎え入れられた今季。

ドイツ代表の不甲斐ない守備を見れば彼を入れたいが、

どうもユルゲン・クリンスマンにその意向は無く、残念だ。

彼の強靱なフィジカル。勝ちに対するメンタリティー。

そしてお決まりのポーズといい好きなのに。

フランス代表に選ばれていないだけに選んであげてもイイのに。

大体、ドイツ代表のセンターバック誰だよ?

ペア・メルテザッカーとルーカス・シンキエヴィッチ。そしてロベルト・フート。

どう考えたって泣きたくなるよ。

そんなドイツ相手にトルコ最年少得点を決めたヌリ・サヒン選手。

彼はドイツ生まれ、ドイツ育ちでドイツ国籍も有しています。

でもボルシア・ドルトムントのオフィシャルの顔、怖い。

[] 23日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

マニアックな選手ほど書いてみたいと思う欲求。

しかし、それ以前に有名選手及び自分がよく書く選手を書かねばな

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051012

2005-10-11-Tue22日目

22日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

ROM 25 CZE 24

TUR 20 DEN 19 GRE 18

SCG 19 SPA 17

CRO 23 SWE 21

続きを読む

22日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

BBCに載っていたPlayer of Arican origin

初めて知ったモノも多々。非常に勉強になります。

渋い選手まで網羅しているところがBBCというところですかね。

サッカーはラグビーやオリンピックと違って国籍を変更して出場することはできません。

国籍を戻したらどれだけ強くなるかと思ってしまう自分がいる。

originですから出生地と違うわけですけど、国籍に関しては取得可能なんですよ。国際法上。

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051011

2005-10-10-Mon21日目 このエントリーを含むブックマーク

プレーオフ進出国予想。

チェコ、デンマーク、ロシア、フランス、スロベニア、スペイン

驚くべきはチェコを除くと全て前回の出場国。

フランス対チェコなんて超豪華カードになってしまうわけか。

おそらくランキングとか使うと

チェコ、フランス、スペイン 対 ロシア、スロベニア、デンマーク

やっぱりポーランドを突き落としたい。というか欧州は枠が少なすぎ。

日本の枠献上しますよ。ベッケンバウアーさんだって言っているじゃないか。

EUROの面子に南米足したらW杯だよな

って。個人的にはアフリカも入れて遜色ないと思う。もう少し戦略面の理解が欲しいが。


個人的にはデンマーク対スペインでサイドラインの1対1大会って面白そうだ。

ヨルゲンセン、ロンメダールにホアキン、ビセンテ。

サイドバックにもプリスケ、ニクラス・イェンセンにサルガド、デル・オルノ

FWも良い選手が揃う中で、デンマークには隠し玉でソーレン・ラーセンと。

高さでニコラ・ジキッチにやられまくったからな。

逆にこういうときにモリエンテス兄貴が帰ってきたら涙するわけだが。


ロシア対フランスというのもエロいカードだ。

たしかフランスはロシアに相性が悪く、W杯前に2試合やって引き分け2つだったはず。

あのときはカルピン、モストボイとかのロシアだったが、

そのころのフランスは世界最強とか言われていた時代。

そして11月は極寒のモスクワ。もうロシアは冬ですよ。

ナポレオンも冬将軍には勝てなかったわけですよ。

1997年のイタリア対ロシアはものすごい雪だった。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051010

2005-10-09-Sun20日目

ベッカム。アホか。

最近のレアル・マドリードの試合を見る限り

ベッカム自身も調子よかったわけだが。

というわけで彼のPKを蹴らなかった鬱憤がorz

(ウソです。しかしPKを蹴って決めたのはフランク・ランパードだけど)

そしてソル・キャンベルまでも毒牙に。久々の復帰だったのに。

リオ・ファーディナンドが前半にサイドラインまで遊びに出向くからだよ。


レキップが不吉なことを書いた途端に同点だよ。バカ。

これで勝利を逃したレ・ブルーは、進出を次節に持ち越し。

次節の相手はキプロス。オッカスやコンスタンティノーとかいる。

でも、国土も小さいし、強いわけではない。

悔しいのは、これでスイスかアイルランドが消えることだ。


トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051009

2005-10-08-Sat19日目 このエントリーを含むブックマーク

ところで、南米予選もありますよね。

アルゼンチンとブラジルの進出は決まったわけですが

あと3つの枠を争っていますよね。

今のところ3位はエクアドル。

絶対本戦で勝てないチームですよね。

ホームアドヴァンテージで勝っている国なわけで。

南米から出てきて欲しい国と言えば

まず、ウルグアイ。

そして、今回に限ってはオーストラリア。

南米の5位争いはパラグアイ、コロンビア、チリと

争っているわけですが、どれも小粒な戦いに見える。

本戦を考えた場合にはということだが、

それでも日本より強いと思う。


加えて、アフリカ予選もありますよね。

注目はチュニジア対モロッコ。

アフリカ選手権の王者と準優勝。

両チームともフランスを中心に

国外に選手を出している国で

あとは戦術が決まれば強いはずで

個人的にはロジェ・ルメールの復讐が見たいわけで

チュニジアの勝ち抜けが見たい。

あと見たい国はナイジェリアとセネガル。

どうにかミラクルで逆転が起きないだろうか。

ガーナに関しては今までの若手政策の成功だと思う。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051008

2005-10-07-Fri18日目 このエントリーを含むブックマーク

放送です。

とりあえず、おまいら、デンマーク対ギリシャ、ロシア対スロバキア、スイス対アイルランドの直接対決の放送ないらしいぜ。

続きを読む

moca-cafemoca-cafe2005/10/08 11:48ウェールズ vs. アゼルバイジャンて。放送するカードを思いっきり間違えている気がする。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051007

2005-10-06-Thu17日目

ル・ブルーは非常に心配だ。

但し、アイルランド及びスイス代表の進出を願うならこれ以上ない展開だ。

スイスがアイルランドに破れ、フランスに勝つとなると

おそらく得点少ないフランスは勝ち点が同じでも3位でサヨウナラ。

そんな勝負のレ・ブルーは、ジネディーヌ・ジダンがギリギリの復帰でも

ダヴィド・トレゼゲ、ティエリ・アンリの2トップいません。

招集したメンバーの特調は4-3-3に向いた面子なのだが、オランピック・リヨネー戦術。

肝心の1トップタイプの選手がいない。

4-4-2でいきたくても、前回フロラン・マルーダは当初機能しなかった

ヴィカシュ・ドラソーなんて危険で使うには危うい。

ルドビク・ジュリーを右のハーフで使おうか。

ならば2トップ誰ぞや?

シルヴァン・ヴィルトール、シドニー・ゴヴとかリヨン勢?

ジブリル・シセ、ペギー・リュインドラ

いずれもあと少し、何か足りない。

攻撃だけでなく招集メンバーに左サイドバックを本職とする選手がいない。

右サイドバックはウィリー・サニョル、ジョナタン・ゼビナ、アントニー・ルヴェイエールといるが。

ウィリアム・ギャラスは確かにサイドバックもできる。

ガエル・ジヴェは故障で離脱してしまった。

代わりに呼んだのはフランク・ジュリエッティ。

なんとここにきて初招集。


ル・ブルーは非常に心配だ。

フランス人から文句を言われる役回りはどうせ私だ。

しかし、当初から私はレイモン・ドメネクには懐疑的だったね。

最高の選手を数多くそろえながら、1+1を2以下にする男。

ユースコーチとトップレベルのコーチはやはり違う。

やはりどこかでクラブチームを率いた経験が必要なのかもしれない。

マネジメントを必要とされるのだ。

[] 17日目 - Thin Red Line を含むブックマーク

フランスですから。

続きを読む

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051006

2005-10-05-Wed16日目

東欧遠征ですよね。日本代表。

日本の欧州遠征というと、

中田英寿がカッコいいシュートを決めたポーランド。

結局、あの弱さはW杯まで続いた。

完膚無きまでにたたきのめされたノルウェー。

 オレ・グンナー・スールシャールが一人、小さかった。

チュニジア戦から改悪したルーマニア。

 どうして久保を使ったのか、そしてアレックス。悪夢。

最後の最後にPKで負けたハンガリー。

 ローター・マテウスは未だリベロシステムを諦めていなかった。

ポポルスキーがサイドバックをやったチェコ。

 振り返るとこれがオランダ戦の逆転劇の布石だった。

失点が最悪だったアイスランド。

 勝てる相手にも勝ちきれない、それがジーコという姿。

小野のゴールが非常に良かったイングランド。

 イナモートがニッキー・バットを潰したことは今でも忘れない。


そう、イングランド代表はニッキー・バットなしで欧州選手権に臨んだのである。

そして、その結果がポルトガル戦で現れる。

ポルトガルの中盤でのパス回しを潰すには彼は必要だった。

しかし、彼がいないために起用されたのはフィル・ネビル。

マンチェスター・ユナイテッドで中盤で使われることもあったが、彼の本職はサイドバック。

結果、マヌエル・ルイ・コスタのゴールは生まれてしまったわけである。

ニッキー・バットといえば、2002年のW杯の良い活躍もあっただけに残念だ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051005

2005-10-04-Tue15日目 このエントリーを含むブックマーク

マヌエレ・ブラージが久々に招集された。ダニエレ・ボネーラも。

ブラージは元々ボランチで潰し屋の印象が強いのだが

今季、髪型も変化し、ユヴェントスでは右サイドバック起用もあった。

現在、アズーリでポジションに悩んでいるのは右サイドバック。

マルチェロ・リッピでなくても、これはやってみたいと思うだろう。

ということでアズーリの不安はGK、アンジェロ・ペルッツィなんだな。

この人、1996年、欧州選手権のGKですよ。

そんなことより、おそらくイタリアはW杯で見られることだろう。

個人的な希望はポルトガルとキムチと同じ組で

キムチを完膚無き1-0で誅殺。(ポルトガルはキムチを8-0で抹殺する)

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051004

2005-10-03-Mon14日目 このエントリーを含むブックマーク

セルビア・モンテネグロのメンバー見て気づいた。

久々招集のサシャ・イリッチってガラタサライだったのね。

トルコリーグの放送がないから、記憶できない。

タファレル、ゲオルグ・ハジ、ゲオルゲ・ホペスクとか

ガラタサライがuefa杯を制したときに、こんなところにいたのか

とか思ったわけだが、フェネルバフチェ、ベジクタシュとか

東欧の選手を色々抱えて頑張っているようだ。

さすがにトルコは実力でW杯を勝ち上がっている国だし。


イリッチに話を戻すと、イリッチは元パルチザン・ベオグラード。

チャンピオンズリーグに参加した03-04シーズン。

レアル・マドリード相手にも足下のテクニックをしっかりと見せて

冬にセルタにやってきた。活躍はなかったが。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051003

2005-10-02-Sun13日目 このエントリーを含むブックマーク

再計算をしますた。個人的な希望。

クロアチア対スウェーデン。クロアチア勝利。

スウェーデン対アイスランド。スウェーデン勝利。

イングランド対ポーランド。イングランド勝利。

スロバキアおよびロシアは2連勝しない

これにより、チェコはどっかで勝ち点1以上を拾うとして

チェコおよびスウェーデンが勝ち点および得失点差で勝ち抜け。

クロアチアが負けるとクロアチアは勝ち点24に行かない。

そうするとギリシャは勝ち点24となる可能性もあるが、

勝ち数が少ないため、多分ポーランドになる。


ポーランドなんて見たくないんですよ。

2002年のW杯だって何しに来たの?って国でしょ?

要らないから。GKはデュデクだし。


スロバキアはマレク・ミンタルが故障しちゃって魅力半減。

アルトメディア・ブラチスラパが頑張っているけど。

ロシアは面子が男らしく、渋いからまだ許せる。一応EUROにもいたからね。

ちなみにグループ3の最終節はスロバキア対ロシア。

その前がロシアはルクセンブルク。

前回は引き分けだったがおおよそロシアが勝つ予想。

スロバキアはエストニア。

最終節は引き分けというのが望ましいのかねぇ。


これで一番酷いと思ったのはクロアチアに引き分けたマルタだ。

というかマルタなんぞに引き分けやがったクロアチアだ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051002

2005-10-01-Sat12日目 このエントリーを含むブックマーク

uefa杯の結果が出た。

オセールは負けてしまったがフランス勢はやはり調子がよい。

少数精鋭のイタリア勢もなかなかの結果。

驚きといえば、フェイエノールトが負けたことだろう。

ちなみに数で言えば、ルーマニア勢は多い。

そういえば昨年はワルター・ゼンガに率いられたステアウア・ブカレスト。

バレンシアに勝ったよね。

で、ワルター・ゼンガだが、ツルベナ・ズベズダの監督をやっとる。

スポルティング・プラガに勝ってリーグ進出だよ。

この勝利はドラガン・ストイコビッチ会長は

交通事故したデヤン・サビチェビッチ氏に捧げるとのこと。

逆に国内のライバル、パルチザン・ベオグラードは敗退と。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20051001

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。