Thin Red Line このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 10 |
2008 | 02 | 05 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 |
2011 | 04 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 06 | 07 |

2013-07-08-Mon理想的スペインサッカーの現実的言葉 このエントリーを含むブックマーク

Asked to explain why Alba had twice found himself in such an advanced area,

Del Bosque gave an answer that brought to mind the positional fluidity of the great Netherlands team that thrilled neutral observers at the 1974 FIFA World Cup™.

"When a system is functioning well, whenever you have a favourable situation, Jordi Alba, for instance, can move up to an attacking position without losing the balance in the team," he said.

"We're suddenly able to score. This is the football we like: we're all defenders, we're all midfielders, we're all attackers."

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130708

2013-06-28-Friプレイメーカー達に恵まれた 3/3 このエントリーを含むブックマーク

4) 狩猟者はプレイメーカーへ転じた

「4-2-3-1」フォーメーションは異なった種類のストライカーを求める、オールラウンドプレーヤーで他の違った役割での力を発揮できる選手だ。今大会のトップテンアシスト選手の中に5名ものストライカーが名を連ねるのは驚きではない:ズラタン・イブラヒモビッチ、オリヴィエ・ジルー、モドゥ・ソウグゥ、ウェイン・ルーニー、カリム・ベンゼマといった面々。もしリオネル・メッシをストライカーと呼ぶなら6名となる。


彼らは得点の取り方を分かっている、メッシとイブラは今大会でもそれを証明している、選手であり、違った役割でのプレーも分かっている。アルフレッド・ディ・ステファノとフェレンツ・プスカシュはこの点をきっぱりと、そして見事に、1960年決勝でやってのけた。


ハンガリー人の英雄は4点決め且つ、ディ・ステファノのハットトリックと中盤での支配をお膳立てしたことで、エル・ブランコが7-3で、アイントラハト・フランクルトに、ハンプデンパークで勝利したのだ。


5) プレイメーカーとしてのゴールキーパー

今やチームの全てのパートにプレイメーカーがいるということになったら、論理的な結論は、そうだ、ゴールキーパーである。信じようと信じまいと、マヌエル・ノイアーは2011年(ユーロ予選)トルコ戦での勝利で、2点の起点になった。ベルリンの新聞は「ノイアーは新しいプレーメイカーだ!」と見出しを打った。(注 ロングボールが見事なパスになって、得点が決まった。先制点と2点目である)


バイエルン・ミュンヘンのキーパーはロングスローとロングパスで起点となった。ゲーム後ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴは言った。"ノイアーは意図的にこのロングパスをやったのさ、こうして我々はトルコのバックラインに攻撃をあびせたんだ。”

ノイアーはチームメイトで右のフランカートーマス・ミュラーに近づき。彼にトルコのレフトバックは高い位置に上がって、広大なスペースを背後に残していると言った。「オレはトーマスに言ったんだ、チャンズだぜ、クロスかパスをとったらスグにオマエのところにボールを投げるからな」とノイアー、「そ、だから、計画通りだったぜ」


ノイアーの例は、シャフタール・ドネツクのアンドリー・ピャトフ、セルティックのフレイザー・フォースターに影響を与えのかもしれない。彼らは今季のグループステージでアシストを記録しています。


・最後に

我々は偽9番の時代の最良の部分として名前を加えるのは、フランチェスコ・トッティ(ASローマ)、ロビン・ファン・ペルシー(アーセナル)あたりから、リオネル・メッシ(バルセロナ)といったところだ。そこでは、前線に於いてですら、プレイメイキングしているのを見ることになる。


プレイメキングする役割の再分配は、10年にわたる戦術的対応、作用反作用の連鎖を反映している。

「4-2-3-1」はフルバックのオーバーラップすることを助けるが、単独のストライカーの導入を伴った。これでがら空きになったセンターバックはディフェンスとミッドフィールドの境界線を曖昧にしている。ホールディングミッドフィールダーはトレクアルティスタと戦うために生まれ、活躍することはとても効果的であったのだが、それ以上の仕事まで行っている。


モダンゲームはベッケンバウアーのクローンをつくるにはあまりに安全第一に見える。そして全てのプレーヤーが現在は新たなディ・ステファノとしての、一種のフリーロールとしての自由を謳歌できる役割を満たすだけの力がある。しかし、この戦術的な連鎖反応はヨーロッパ全体で戦術的アプローチの効果的な配列を引き起こしたのだ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130628

2013-06-27-Thuプレイメーカー達に恵まれた 2/3 このエントリーを含むブックマーク

3) プレイメイキングするセンターバック

伝統にセントラルディフェンダーは相手のセンターフォワードをマンマークするわけだが、今やストライカー達もマンマークすることを求められている、新しい種類のディフェンダーによる攻撃の影響を制限するためだ。

ロビン・ドゥットはこの戦術の先駆けで、バイヤー・レバークーゼン時代、マッツ・フンメルスがドルトムントの真のプレイメーカーであると判断を下し、自分のチームのストライカーに、フンメルスに対しあらゆる機会で密接し塞いでしまえとオーダーした。

センターバックはUEFAチャンピオンズリーグの大会の中で重要な役割となった。ドルトムントは彼らの本来のポゼッションベース、カウンタープレッシングゲーム(注:ゲーゲンプレスなんて言葉が英語にない)を制御し、対戦相手のマークが薄い故、カウンターアタックを発動させるカギであるからだ。

これらの試合に於いて、フンメルス、彼は前へドリブルすることおよび相手選手と対峙することを厭わない、主要なバックラインの射手でいられた。彼はディフェンシブラインの高い位置に座乗し、相手守備との空中戦を行い、オフサイドドラップをおこす、また相手のサイドにボールを上げて、そのスペースに自軍のウィンガーを走らせる。頻繁にピルロの地域、センターサークル付近に進出する、彼もまたミッドフィールドを横断するロングレンジのデイジーカッター(注:軍事用語で薙ぎ払う爆弾ことのである)とスライド軌道のパスを偏愛する。彼のプレーの多くはルートワン(注:縦に一直線)であるが、むやみやたらなパントではなく、ロングレンジの視野がひらめいてのことである。

このポジションにおける偉大な選手は間違いなくジェラルド・ピケである、彼は半ば公式的にピケエンバウアー(Piquenbauer)として知られている。2011/12シーズン、ピケは骨折のシーズンをおくり、バルセロナは幾分輝きに影を落とし、ピケのプレーがブラウグラナ、2010/11シーズンにリーガとチャンピオンズリーグを制した、にどれだけ重要だったかを鮮明にした。"彼は完璧なシーズンを過ごした"殿下手のはティト・ビラノバ、当時アシスタント、2011年から監督。"我々はピケが離脱しないことを祈っていたことを指摘するよ。もし彼が負傷したら、我々の発明は抜け落ちてしまう。我々は恐ろしい量の疲労を露呈したんだ"

ピケはバルサのティキタカに不可欠な存在だった。彼は何度かの試合でパスの回数が100を超え、UEFAチャンピオンズリーグの出場した試合でパス成功率が90を切ったのは2回だけだった。単なるフルバックやホールディングミッドフィールダーの栓(tap)ではなく、ボールの雨(spray)をハーフウェイラインから、あるいは越えて、通常右サイド斜めから送ると同時に、ピケはダニエル・アウベスの前方への進出をカバーしていた。ティキタカをしていないとき、ピケは反対サイドにプレーを切り替えたり、長い対角線のボールをファイナルサードに送っていた。

2010/11、準々決勝、バルセロナが5-1でシャクタールドネツクを破った試合、ピケはウクライナのチームのプレッシングの第一線をこじ開けた。準決勝のファーストレグ、レアル・マドリードの本拠地での勝利は、彼、セルジオ・ブスケ、シャビ・エルナンデスがチームの脳であった。いつもよりはやや深い位置から遂行しながらピケは90本のパスを96%の成功率で通した。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130627

2013-06-26-Wedプレイメーカー達に恵まれた 1/3 このエントリーを含むブックマーク

フットボールのフォーメーションは日々進化しているが

「創造性」はゲームの生命線であることは変わりない。

現在もピッチ上で見受けられる。


多くの葬儀がプレイメーカー達に向けてなされた。救世主的な10番二人のフォワードの背後に位置し奇跡を創造した選手だ。

事実、彼がフットボールの主たる創造主であったのは、ある時期にあったことにすぎない

インサイドフォワードが19世紀に、リベロが配列を超えたのは1970年代のこと。

これら10番への近時の喪中は終焉し目を乾かすでしょう、何故ならプレイメーカーはピッチ上で復活しかけているのです。


かつて言われたプレイメキングの役割が再分配されたのはミッドフィールドの持つ選手であり動かす選手から動かしがたい興隆からなされた。多くの10番はストライカーの背後のホールにとどまり「創造性」は脅威とはならない、それはチームのみならず大多数の広い共通認識です。


多くの4-2-3-1を支持するチームは二人のプレイメーカーを今や置く、一人のアタッキングミッドフィーッルダーと二人のホールディングミッドフィールダーのうちの一人はプレイメーカーである。成功したいくつかのチームは三人目のプレイメーカーがいると誇る。ピッチの深くから全てを見、パスを出すのである。四人目も出ている様な状況である、ゴールキーパーという思いもつかない場所からだが、今や遅しのことだ。

このことからプレイメキングの役割が共有されているのだ。


1) 伝統的10番

レアル・マドリードのメスト・エジルの中には、ほぼ典型的な10番が備わっている、イタリア人は彼の様なプレーヤーをトレクァルティスタ(ピッチを分けたときにスリークォーターラインでプレーする)とかレジスタ(監督)といった用語をユヴェントスのレジェンド、ミシェル・プラティニやロベルト・バッジョにあてた。


エジルの若い時代のコーチであるラルフ・マラウンは'古典的なストリートプレーヤー'だったと説明する。内気で小さいが信じられないほどの才能だった。「猿の檻」にかんしての話はたくさんある。荒くてフェンスに囲われた場所でプレーを覚えていったことは、汚いピッチで磨いていった南米の天才達によくあることである。彼のマドリーにおけるチームメート、シャビ・アロンソはエジルの言うマラドーナスタイルのロマンティックな伝統に頷いた。「これまで見たことのない選手だ」


UEFAチャンピオンズリーグにおいて、エジルはストライカーの背後でプレーする。ヒートマップは彼がポジショニングにおいてパッシングにおいて中央にいることをしめすだけでなく、そのスペースを見つけようとする為に彼がクリスティアーノ・ロナウド、アンデル・ディマリアとポジションを交換し両サイドからのボールを受け取るのだ。エジルは現代フットボールに最も密接な選手だ。古典的なトレクァルティスタであるけれども、マリオ・ゲッツェ(ボルジア・ドルトムント)、トニ・クロース(バイエルン・ミュンヘン)に似ている。


対戦相手はゴールへ押し込み、アグレッシブに守備する、例えばドルトムント、マドリー、バルセロナのようなことだ。エジル、ゲッツェ、クロースのような選手はそんなタイトなスペースを動き、かつてのプラティニよろしく自分の活躍する特別な居場所をもっていない、ミッドフィールドを長い距離を走るのだ。「創造性」はそれ故に深い位置からもたらされる。

2) 座乗するプレイメーカー

現在最も有名なディープライイングにてゲームを牽引する選手として、アンドレア・ピルロは1990年代にバルセロナでのジョセップ·グアルディオラによって完成された役割との不朽の関連性を示している。ピルロは2001年にブレシア・カルチョにてトレクァルティスタであることを止めた理由の一つは、そのポジションにはロベルト・バッジョがいたからだ。

座乗するプレイメーカー達の主な役割はアタッカーに向けてのボールを得ることであり、他のプレイメーカーよりも前を向くことが好まれる。今日、この役目はスクリーニングミッドフィールダーによって最も頻繁に実施される、それはアロンソ(マドリー)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)、マイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)、イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)

ユルゲン・クロップはグループステージでのホームゲームでマドリーに勝利した後に明らかにしたことが、エジルよりもアロンソをおそれていたことだ。"ビルドアップはアロンソに集中する、我々は非常に上手に彼にプレッシャーをかけたから、彼は自分自身の役割のだせなかった。しまいにはペペがロングパスをだす様になったけれど彼はアロンソに比べてよけいに際立って良くなかったな"

チャンピオンズリーグの試合におけるマドリーに統計データ表は最も影響力のあるプレーヤーとしてアロンソを強調し続ける、信じられないくらいの距離を走って頻繁にボールに触り、センターサークル付近それに相手陣内にてプレーを実行する。それには11/12シーズンのエジルへのアシストも含まれる。アロンソはチャンピオンズリーグの試合に於いてドイツ人選手達が90分でプレーした全パス本数の2倍に近いパスをした。アロンソのパスは単にホールディングミッドフィールダータイプだけではない、中長距離のレンジで、正確に、プレーを意識したボールなのだ。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130626

2013-06-24-Mon4-2-3-1の魅力 3/3 このエントリーを含むブックマーク

''スイッチをいれる''

確かに、「4-2-3-1」の全ての区切られた横線上において、起点としての技術は他のポジションよりもさらに変化した。アンドレア・ピルロの変遷、90年代には古典的な10番としてブレシア、インテルで鍛えられた選手がディープライイングプレイメイカーとしてACミランにいたのだ、そして彼が2003年および2007年のロッソネリのチャンピオンズ制覇の重要な鍵と標榜されている。


エステバン・カンビッソを見てみよう、2010年のインテル優勝の原動力。ティーネイジャーでアルゼンチンからマドリーにスカウトされたとき、彼はセンターフォワードだったのだ。クラブにおける競争で起点としての自身を再定義しマケレレのパートナーとなった。インテルにおいても、この役割で成功した。


ジョン・ミケル・オビ、昨年優勝したチェルシーのミッドフィールドの底部で役割を果たしたが、同様の戦術的な背景がある。(訳注、ミケルは元々アタッキングミッドフィールダーとして注目された選手)

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは当初バイエルンでもドイツ代表でも軽やかなウィンガーとしてインパクトを与えた。2010年、バイエルンは決勝まで進んでいたが、そのとき彼は優秀なディープミッドフィールダー進化していた。


シュヴァインシュタイガーのミッドフィールドの底部におけるハビ・マルティネスとの連携はバイエルンの今季の成功に不可欠だった。マルティネスもまたこの役割に様々な機能を与えた。彼はそれまでアスレティック・ビルバオにて主にセンターバックとしてプレイし、プレッシングゲームを作ることを高めたのだ。


決勝の準備において、ドルトムントはミッドフィールドのジレンマに直面した。彼らは負傷のマリオ・ゲッツェ、スリークォーターラインのNo10の選手、の代役をどうするのか。イルカイ・ギュンドガンなのか?ディープミッドフィ-ルドからのパスに価値があるNo8は、ましてや、ユルゲン・クロップ監督がサイドから中央に移す選択をするくらいに、サイドの戦術的なバランスに重要な選手だ。


ウェンブリーにおける決勝の最初の7分、ギュンドガンは起点としてのオールラウンドな才能を遺憾なく発揮した。ドルトムントはカウンターからこじ開けようとし、マヌエル・ノイアーにゴールマウスでの活躍をさせ、左サイドのフランク・リベリーへのパスを封じた。フランク・リベリーを監視する役割のヤクプ・ブワシュチコフスキ、ルカシュ・ピシュチェクは前方に攻め入れた。ギュンドガンが彼らの空ける地域を埋め、リベリーに持たせなかったのだ。


"連動して守ることに力を注がないといけないんだ"とヒッツフェルトは言う。ボールを奪う役割は最早シールディングミッドフィールダーとバックフォーに限定されないし、ポゼッションをリカバーしている選手も、大胆なことをできると感じるべきではない。マルチェロ・リッピがユヴェントスにて強く選手達に言った様に、その状況に於ける可能な限り最も建設的なパスをしなければならない。


"これはプレイングスタイルの変化に関係しているんだが"とヒッツフェルトは言う。"全てのディフェンシブな選手、ゴールキーパーでさえも、今ではプレイメーカーのようにあるべきなんだ。最早、ただボールを蹴って終わりなんて許されず、ボールを持っては参画し、プレイをビルドアップし、ボールを貰おうとして、ボールを持ったらポゼッションを維持するんだ。"


"ゲームのやり方に於ける大きな変化というのは、今ではボールポゼッションしてないときに直ぐにプレスに向かうことだ。全てのチームがそれをやろうとしている。準決勝に進出したチーム、バイエルン、ドルトムント、マドリー、バルセロナもだ。そうしたことで彼らはプレッシングの極致に至った。9人の選手が密接に守るということになったんだ。"


チェルシーもそうだった。融通の利く「4-2-3-1」を用いて昨季優勝したチームだった。とヒッツフェルトは言う。

チェルシーとバルセロナにおける緊密な守備の影響を見てくれ、そしてバイエルン戦でのチェルシーのプレーヤーはペナルティーエリア付近で密接に止まっていが、ひとたびボールをポゼッションしたら選手達は休息に拡散していくんだ」


「4-2-3-1」はヨーロッパ最高峰の戦いでの人気を明らかにすることで、迅速な転向を円滑にするのか?(訳注 quick transitionのダブルミーニングであり、戦術的な嗜好の問題とこれまでの戦術的中身をかけている)

"戦術的な指針は各チームに重要だ" ヒッツフェルトは続けて "でも現実に結果を決めるのは選手達なんだ。私は監督として戦術のみをあてにすることなどしたことはできない。何故なら試合は机上の空論ではないし、黒板上の論理では決まらない。監督の権限の下、選手達に依拠した形のチームを形成するべきだよ。"

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130624

2013-06-23-Sun4-2-3-1の魅力 2/3 このエントリーを含むブックマーク

''偉大な先人達''

この型は、偉大なエル・ブランコの名手達に適する形になった。ルイス・フィーゴ、ジダン、そしてロナウドはロスターの象徴的な選手だ。単独のストライカーとしてロナウドの加速とボールコントロールはカウンターにおいて破壊的でしたが、大怪我によるキャリアの中断により、ディフェンダーを肩で背負う選手としての役割が最も効果的になった。マドリーはロナウドを孤立することを抑止し、彼らの「4-2-3-1」の解釈、ラウール・ゴンサレス、ジダン、フィーゴをメディアプンタのトリオとして配置することは、ロナウドの脅威を最大化しようとした。


前方に対し狭いということに対して、いくつかのリスクはありました。フィーゴは一言で'ウィンガー'という言葉を超えた資質を持っていました、彼はスタート配置はワイドライトですが、定期的に内側に切れ込む、ドリブルで中央に突っ込むことをしていました。ジダンは通常スリークォーターラインの左でしたが、頻繁にインサイドレフトに抜けたり中に向かっていた。このマドリードの先人達はダイナミックなフルバック達に頼ることができた。勤勉で働き者のミチェル・サルガド、驚くべき速さのロベルト・カルロス、彼は2002年、ハンプデンパークにおける決勝のジダンの素晴らしい記憶に残る決勝点をアシストしました。


''極めて重要なフォーメーション''

フィーゴ、ラウール、ジダン、ロナウド、ロベルト・カルロスによるマドリーは「4-2-3-1」の向こう見ずな展開に至った。彼らは強固なアンカーに依存し、この時代のもう一つの側面として新たな語彙が生まれる。'マケレレロール’何故ならこのフランス人のマドリーおよびチェルシーでの勤勉なディープミッドフィールダーは、洗練されたポジションセンスと不屈の精神のタックルと注意を払ったインターセプトを記録した。クロード・マケレレは前に上がるフルバックのマドリーにおいて重要な責任を負った。彼の運動量は重要で、専ら短いパスによって通される配球はジダンにとって不可欠でした。


マドリーの「4-2-3-1」が成長するに連れ、他国の主要なチームもヨーロッパの戦いにおける基本フォーメーションとして取り入れ、大事なことも変化していったのです。センターバックの前の地域における監視役としての存在がより強調される様になり、迅速な速攻の為のより長いパスも増えた。


現在のマドリーおよび記録的な躍進のスペインにおける、シャビ・アロンソのファーストタッチでディープミッドフィールドから決める30から40メートルの正確性は、アコーディオンの蛇腹のような役割を果たしています。それはヒッツフェルトが”ゲームは現在全てにおいて収縮し、拡大するのです”と記すように。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130623

2013-06-22-Sat4-2-3-1の魅力 1/3 このエントリーを含むブックマーク

ブラジルからマドリードまで、4-2-3-1の興隆

バイエルンのウェンブリーにおける勝利は

ある攻撃的システムの勝利でもあった

それは新しいといわれるが、1970年代に源流がある。


UEFAチャンピオンズリーグ

長期渡る王座ということが起きずにいて

どの国のリーグも自らの優越性を主張できないでいた。

いくつかの勃興が耐え抜かれ

21世紀においても、戦術的な流行は続いている。

その証拠に2012/13シーズンの戦いにおいて

最も人気あるフォーメーションは確固たる地位に止まっている。


 その「4-2-3-1」は新しいトーロッパ王者となったバイエルン・ミュンヘンが使った、決勝に進んだボルシア・ドルトムントが使った、過去3年準決勝に進んだレアル・マドリードも主に用いた。バルセロナでさえ、彼らは哲学的には「4-3-3」に密接に結びついているとはいえ、時宜によっては4-2-3-1の一種を適切に使っていると見える。2006年のアーセナルとの決勝では、バルサは二人のホールディングミッドフィールダーを用いた。マルコ・ファン・ボメルとエジミルソンである。チャビ・エルナンデスとアンドレス・イニエスタはベンチスタートだった。


 過去20年、チャンピオンズリーグはスタミナレベルの進歩を目撃し、それによりプレーヤーは多くの領域をカバーし、相手の危険なポゼッションからの回復に素早く戻る様になりました。

方法の変化も攻撃的フットボールを後押しした。コーチ達はプレスを高く仕掛ければ4-2-3-1は効果的な順応性、守備の危機対処として、二人のディープミッドフィールダーで行え、フルバックを前に積極的に上げられることを、ワントップの背後にいる3人のプレーヤーをよりクリエイティブにすることを、発見したのだ。


頂点の位置に立つワントップには、4-4-2よりもさらに多くの動きが義務づけられている様に見えるが、1997年にドルトムントで、2001年にはバイエルンでこの大会を制覇したオトマール・ヒッツフェルトは、このシステムによってストライカーに更なるオプションが与えられたと言う。

"なぜなら、ポゼッションを維持して自分たちのゲームをしようとするなら、「4-2-3-1」という、9番と多くのアタッキングミッドフィールダーがいるほうが古典的なミッドフィールダーよりも可能にさせる。二人のフォワードというのは簡単に孤立してしまうしそれで相手もマークがしやすいんだ。対して、私の9番と背後の「半9番」というのかもしくは「10番」ならそうはならない。この組み合わせだと相手の守備に多くのチャンレンジを押しつけらる。だからこのシステムは多くのパッシングのオプションを与える要因になるんだ。"


''世界の先鞭''

「4-2-3-1」フォーメーションは1990年代後半に勃興したが、ビルドアッププレーの点で振り返るなら1970年のブラジルに端緒を窺え、その原型はなされていたと主張できる。2000年になると優秀な幾チームがこれを使っていた。フランスは1998年のワールドカップ、2000年の欧州選手権を制覇した際、基本的な戦略は一人のストライカーと3人のクリエイティブな選手、そこにはジネディーヌ・ジダン、ティエリ・アンリが含まれ、二人の強固なアンカー、主にパトリック・ヴィエラとディディエ・デシャンが使われた。

ジダンは2001年にマドリーに加入した。彼らシステムの基本位置は決まっていた。高い成績は「4-2-3-1」を支持したのだ。

スペインにおいては、フォーメーションが戦術的な語彙を形成する。底の中盤のライン(二人のペア)をドブレピボーテと言う。ストライカーに隠れるスリークォーターラインにいる選手は、伝統的なメディアプンタと強い類似性があります。

デポルティーボ・ラ・コルーニャがマドリード、バルセロナ以外の都市として優勝をして16年ぶりに優勝した2000年、彼らは「4-2-3-1」でプレーした。マドリーもチャンピオンズリーグをこの年優勝した。5年で3度優勝したときの2回目の優勝である。最も支持されたコーチ、ビセンテ・デル・ボスケは「4-2-3-1」を使い今も好んでいる。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20130622

2012-12-13-Thu三位一体 このエントリーを含むブックマーク

あらゆる対戦相手や流れに応じた戦略を講じるために、個人技術をもとにした多種多様な戦術をチームで定着させる必要があります。個人技術、戦術、戦略は関連性を持ってつながっており、三位一体となってパフォーマンスを高め、勝利を目指します。さらに試合の流れにおいて、個人技術、戦術を生かす最善の戦略を支えるために、科学的な情報の役割が増大する傾向にあります。選手個人のメンタル面や。フィジカル面の問題だけでなく、今日ではスポーツにおける分析、情報の位置づけを検討する時期になりつつあるでしょう。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20121213

2012-12-12-Wed戦略 このエントリーを含むブックマーク

スポーツにおける「戦略」とは、対戦する相手に対し、最適な戦術を用いて戦うことです。適切な戦略は、選手のコンディショニング等の内的要因と対戦相手のデータ等の外的要因を考え合わせて決定します。前述したように、戦略の基本は戦術の完成度とチームとしての柔軟性(戦術パターンの数)です。ゲーム中の戦略の決定は、監督・コーチを中心に行われるのが一般的です。内的要因はベンチ内で分析可能です。外的要因である対戦相手を分析するために、現在ではアナリストと呼ばれるスタッフがいます。ゲームが進行すると同時に、ゲームを支配する「流れ」が刻一刻と変化します。流れに応じ、一方のチームが戦術を変更してきます。その繊細な相手チームの変化をアナリストがキャッチし分析します。正確な分析をするだけでなく、素早く効果的な分析を行わなければなりません。ゲームは時間とともに移り行く戦術の積み重ねです。よって、分析のスピードもかぎとなります。コーチを中心にアナリストからの情報をもとに、現在もっとも有効な戦術を選択し現場の選手に指示を出します。両チームで「分析」「選択」「戦術の決定」の繰り返しが、ゲーム中に目まぐるしく行われています。冒頭に記した様に、戦略とは「最適な戦術を用いて戦う」ことであります。試合中、戦略の判断、運用に際して

相手チームを冷静に分析するアナリストの情報が重要視されいるのが現状です。世界における球技系のトップリーグ(とくにアメリカNFL)においてアナリストはなくてはならない存在です。選手同士の個人技術、戦術、戦略の妥当性のぶつかり合いであると同時に、ベンチ、アナリストの情報戦であるといっても過言ではありません。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20121212

2012-12-11-Tue戦術 このエントリーを含むブックマーク

 スポーツにおける「戦術」は、故人およびチームの競技パフォーマンスを最大限に高めるために開発された個々の技術の有機的かつ最適化されたシステムと考えられています。

 H.デーブラーは、球技における「戦術」とは「最適なプレイの成果を得るために敵との戦い方や多種多様なプレイの条件をプレイングルールに基づいて考慮する、個人的・集団的な攻撃と防御にかかわる手続きの総体である」と述べています。とくにチームスポーツ(球技系)において、戦術は重要視されています。パフォーマンス向上のためにチームやプレイヤーの特性を考慮し、短所を打ち消し、長所を最大限に生かせる戦術を開発し定着させなくてはなりません。戦術の開発と定着は、個人技術の上達度と深い関連性がありますが、高い個人技術を有するチームは完成度の高い「戦術」を得ることができ、複雑で高度な戦術を定着させることが可能となります。

しかしながら、戦術は実践(ゲーム)において1つの策にすぎません。より多くの戦術を身につけ、ストックすることは、ゲームにおけるチームの「柔軟性」を生むことにつながります。個人の技術や能力を最大限に生かすために戦術が存在するのであるならば、運用できる戦術のパターンをより多く持つことが必要です。試合中、互いの戦術を読み取り、、相手に効果的な戦術を活用し、勝利を目指します。ある「戦術」が時には機能しなくなり、個人技術が十分発揮されない状況になるケースが当然、発生します。あある「戦術」が有効性を失った時、チームとしてほかの「戦術」を用いて対応する必要があります。

戦術が選手個人(体格・体力等)を生かすためにあるならば、個人技術にマッチした戦術を確実にマスターすることだけでなく、ゲームを支配するために、より多くのパターンを習得し、チームとしての柔軟性を高めることも大切です。

トラックバック - http://antiglapectre.g.hatena.ne.jp/encyclopector/20121211

mailはencyclopector[at]excite.co.jp

長いコメントはここに送れば読むと思うよ。